トレード記録はデモトレードから記録した方がいいの?

あやなです。

 

「トレード記録はデモトレードから記録した方がいいの?」

 

もちろん、デモトレードから記録したほうがいい。

 

というか、なぜトレード記録を取らなきゃならないのか?を

よく考えなきゃならない。

 

ここで一つ大切なことがある。

 

「利益を上げられると確認できてからリアルトレードに進む」

 

デモトレードで利益が出るかどうかわからないのに

リアルトレードしてもただ負けるのがオチ。

 

受験勉強に例えてみよう。

 

質問: 偏差値60の大学に合格できるか確認するには?

答え: 日々勉強を頑張って模擬試験で偏差値60以上取れるようにする。

 

これと同じように練習の段階で自分のレベルがどのくらいかを

確認して、「イケル!」っていうレベルになってから本番に挑めば

成功する確率がグンと上がる。

 

模擬試験を受ける前には小テストや期末テストなども受けただろう。

 

小テスト、期末テストでまちがっていた問題は、そのままにせずに

繰り返し覚えて、解きなおして頭に叩き込む必要があったはずだ。

 

それとおんなじことをトレードでもやっていけばいいってこと。

 

「えー、あやなさん、僕は学校のテストを真面目に

 受けた覚えがないんですけど!」

 

そうか、あなたも私と同じタイプだね!

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

FXトレーダーとプロボクサーになりたい友人

友人が「プロボクサーになる!」と決意した。

 

その友人は筋肉もついていないガリガリの身体だが
どうしてもプロボクサーになりたいらしい。

 

夢を持つのはすばらしいことだ。
きっと決意したその日から毎日練習するんだろう。

 

ボクシング漫画によく書いてあるような
なわとびをしたり、砂浜で走ったりジャンプ
みたいなこともするんだろうな。

 

腹筋、背筋の筋力トレーニングもするだろうし
けがをしないように身体を柔くするストレッチも
欠かせないだろう。

 

それからもちろん技術も必要だ。

 

最初は構えを覚えるとこから始めるだろう。

 

ジャブ、ストレートを正確に打てるようになるまで
ひたすら練習させられるんだろうな。

 

それができたらフック、ワンツー、アッパー
ボディブローとかを覚えていくのかな?

 

サンドバッグを殴ったり、パンチングボールで
タイミングを身につけたり、ミット打ちしたり
スパーリングしたり・・・

 

素人の私がちょっと考えただけでも大変そうだなってわかる。

 

そんな世界で『プロ』を目指すなんて、私の友人は
とてもスゴイ決意をしたんだなぁ。

 

そんなことを考えながら、私は友人に言った。

「初めて試合する時は絶対見に行くからね!」

 

するとその友人はこう答えた。

「明日、早速試合に出るからぜひ見に来てよ!」

 

え?

私は耳を疑った。

 

ボクシング経験もないのに、練習もしてないのに
試合に出るの?大丈夫なの?

 

「大丈夫、大丈夫、試合に出ればなんとかなると思う。
 こう見えてもわりと力はあるほうなんだ。」

 

私は危ないし、絶対ケガをするからやめたほうがいいと
必死で訴えたが受け入れてもらえなかった。

 

もう試合日程も決まっているらしい。

 

・・・

・・・

 

試合当日、私は恐る恐る会場に向かった。

試合は今まさに始まろうとしている。

 

リングに上がった彼を見た。

 

ガリガリで今にも折れそうな体つきだ。
本当に大丈夫なのだろうか・・・?

 

「カーン!」

 

試合のゴングが鳴る。

シュッシュッ、バシッ、バシッ、ゴスッ

 

彼は滅多打ちにされている。
防御すらままならない状態だ。

 

もうやめて!これ以上打たれたら死んじゃう!

 

ゴンッ!!

 

彼はリングに倒れ、動かない。
初めての試合はKO負けだった。

 

・・・

・・・

 

負けちゃったね。大丈夫?

 

「うん、これくらい平気平気。何ともないよ」

 

試合はまだ早かったんじゃない?
もっと練習が必要だよね?

 

「うーん、いけると思ったんだけどな。
 手ごたえはあったんだ。」

 

「きっと次の試合は勝てると思うよ。
 僕はそんな気がする」

 

あぶないよ・・・そんなことしたらいつか死んじゃうよ?

 

「大丈夫、大丈夫、試合も練習のうちさ」

 

うーん、そうだけどほら、走り込みとか
サンドバッグ叩いたりとかすればいいじゃん?

 

「あー、そういうのね、あんまり興味ないんだ。
 試合してる方が面白いし。」

 

「それにさっきも言ったように試合も練習のうちだから」

 

「さぁ、明日も試合が待っている。
 今日は早く寝て、体力を取り戻すぞー!」

 

・・・

・・・

 

彼が試合に勝てる日はいつかやって来るのだろうか?

私は無理だと思う。

 

それどころか試合できない身体になる
可能性のほうがずっと高い気がする。

 

でも、彼は信じている。

 

「試合さえドンドンやればいつかきっと
 連勝できるようになるはずだ!
 俺はいつか必ずチャンピオンになる!」

 

あなたはこの話を聴いて何か感じただろうか?

もし何かを感じたならば

私にこっそり教えてくれないだろうか。

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

FXで負ける理由:見ているチャートが全く違う

衝撃的な事実をお伝えしよう。

 

私はトレードするときにいつも『チャート』を見るが
あなたも同じようにチャートを見るだろうか?

 

実はこの『チャート』には2つの種類が存在する。

 

A:利益を産み出し続けるチャート

B:損失を産み出し続けるチャート

 

あなたはどちらのチャートを使っているだろうか?

 

「そうですね、あやなさん、私はトレードすれば
 するほど残高が減っているのでBのチャートを
 使っているようです。

 

 もしよかったらAのチャートを私に譲ってくれませんか?」

 

できるものならAのチャートを譲ってあげたいけど
物理的に渡せるものではないからそれはできない。

 

だからあなたがなぜBのチャートを手に入れて
しまっているのか?どうすればAのチャートを
手に入れられるのかについてお伝えしよう。

 

【Bのチャートに価値がある・・・?】

 

あなたがBのチャートを大切に使っているのは
「Bのチャートに価値がある」と感じているからなんだ。

 

そして「Aのチャートには価値がない」とも感じている。

 

「あやなさん、そんなこと信じられません!
 誰だってBではなくAのチャートに価値を
 感じるはずです!」

 

そうだね、不思議に感じるかもしれない。

 

では、この話を聞いてどう感じるだろうか?

 

・高級店で、普段なら高いと思うものでも安く感じる

・自分の給料が1万円上がっても、同僚が3万円上がっているなら喜べない

・同じ量だけど「大きな皿に少量」より「小さな皿に山盛り」を選ぶ

 

「そうですね、あるある~と思っちゃいました。」

 

この考え方は『相対的に考えている』状態だ。

 

何かと比べて価値を判断すれば早くカンタンに
答えを選択できるし、費用対効果もいい。

 

脳があまりエネルギーを使うことなく結論を出せる。

 

もし、相対的に考えなかったらどうなるか?

 

【そのもの本来の価値】を考えて脳にかなりの
負担を強いることになる。

 

脳にエネルギーをバンバン送る必要が出てきて
常にエネルギー補充をしなきゃならない。

 

もし少しでもエネルギー補充が足りなくなったら
生命力が脅かされてしまう。

 

そんな状況はなるべく避けたいから、
脳はできる限り負担を減らそうとがんばる。

 

その結果『そのもの本来の価値』を考えるより
『相対的に考える』ことを無意識レベルで選ぶようになる。

 

「ふーん、なんだかムズカシイ話ですね。」

「それで、トレードとどういう関係があるのですか?」

 

いつも相対的に考えてるってことはトレードの時も
相対的に考えるクセが必ず出る。

 

例えば・・・

「トレードで1万円の利益を上げた!やった!
 でも知り合いは3万円の利益を上げたんだって!
 くやしい!もっとトレードしなきゃ!」

 

チャートを見てトレードしているのではなく
自分の感情をチャートに反映させてトレードすることになる。

 

あなたの目に映っているのは客観的なチャートではなく
主観的なチャート。

 

あなたはチャートを都合よく解釈してチャンスでもないのに
チャンスだと感じてむやみやたらにエントリーして
最後にはお金を失うという現実が待っている。

 

また別の日に・・・

 

居酒屋で友人に「お前、トレードやってるんだって?
ちょっと俺の前でやって見せてよ!」

 

「(うーん、本当はもっと集中できる環境じゃなきゃ
 ダメなんだけど)そう言うならちょっと披露してあげるよ!」

 

 (あっ、エントリーしちゃいけないとこでエントリー
 しちゃった。これは損切かな、でも友人が見てるから
 かっこ悪くて損切なんかできない・・・)

 

 (しょうがない、なんとかごまかして家に帰って
 損切することにしよう)」

 

帰宅後・・・

 

「うわー、やばい、含み損がこんなに増えてる!
 あーあ、友人の前でトレードなんか披露するんじゃ
 なかった・・・」

 

この場合もチャートを見てトレードしてるのではなく
その場の空気を読んで、その空気をチャートに反映
させてトレードしていることになる。

 

============
相対的に考えるクセを
トレードに持ち込んでいる
============

 

あなたはどちらのチャートを使っているか?と
最初に質問した。

 

A:利益を産み出し続けるチャート

B:損失を産み出し続けるチャート

 

もし、Aのチャートを使いたいならふだんから
「Aにより価値があると感じる考え方」をして
いく必要がある。

 

これまでの考え方を捨てなきゃならない。

 

これまでの考え方っていうのは
「脳に負担がかからない考え方」

 

これを捨てて、これからは「脳に負担がかかる
考え方」をしていく必要があるってこと。

 

そうした時、あなたにそのエネルギーがあるか?
ってのが重要になってくる。

 

運動不足、日光不足、栄養不足なら「脳に負担が
かかる考え方」をするのは不可能だからだ。

 

エネルギーが十分あると感じれば、普段の生活から
「脳に負担がかかる考え方」をしていけばいい。

 

たとえば、物事を決める時はじっくり色々な
選択肢を考えた後に結論を出す、とか

 

『そのもの本来の価値』を常に意識する、
本質を意識する、とか

 

文章を読んで「全体で何を言いたいのか?」
「何を伝えようとしているのか?」と考えることも
脳にかなりの負担がかかる考え方だ。

 

こういうことをふだんからやれば
トレードに良い影響が出てくる。

 

「うーん、なるほどあやなさん、納得したというか
 そうなのかなぁ?といった感じですが・・・

 

 でも今日はお話を読んだだけで疲れちゃいました!
 脳を使うってけっこうエネルギーいるんですねぇ」 

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ
 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

lanking.jpg


FX女性投資家
2位獲得!


lanking.jpg


FXデイトレード
3位獲得!

 

メールマガジン登録

初心者にオススメ
我慢ゼロのFX
~トレード思考を学ぶ~
メールマガジン
登録はコチラ

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

効率的に検証

トレーダー必須ソフト
Forex Tester
ラインを引きまくって
基礎力をつける!

カテゴリ一覧

あやな特典請求方法

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ

アルバイト情報