ゆらゆら揺らいでしまうあなたへ&新企画

「FXをやってみようかな、どうしようかな」

「自分にできるかな?できないかな?」

「これで合ってるのかな?まちがってる?」

 

ゆらゆら気持ちがゆらぐことがあって

そのことで悩んだりしてしまうかもしれない。

 

ゆらゆらゆらゆら~(EXID風に。)

(知ってる方にしか通じなくてゴメンナサイ・笑)

 

でも大丈夫。それってふつうのことだから。

そういう人ばっかりだから。

 

新年度が始まったばかりでもあるしね。

ゆらゆらゆらゆら~

 

私だっていつもいつも強固な意志を貫いて

行動してきたわけではない。

 

不安になったり、落ち込んだり

イヤになったりしながら進んでいる。

 

一人でがんばって、踏ん張って

がんばり続けることってできないんだよね。

 

だから誰かに支えてもらう。

 

支えてもらって、支えてあげて

そうやって生きていくことが

大切なんじゃないかなと思う。

 

もしあなたがトレードで迷っていて

悩んでいてうまくいっていないことで

諦めかけているなら・・・

 

ここにいるから!

あなたを応援している

おせっかいおばさんが!(笑)

 

しっかりゴハン食べてる?

熟睡してる?

 

いつも明るい未来を見据えていれば

その先に答えがあるはず。

 

ゆらゆらと気持ちがゆらいでしまっている時は

なにもせずにただ気持ちを落ち着けることだけに

専念してみて欲しい

 

焦らずに急がずに。

 

焦って選択してもなにもいいことはない。

 

『ジャンピングキャッチ』で

最高値を掴まされるときって

焦ってるときによく起きるだろう?

 

焦って選択しても何もいいことはないって

身をもってわかっているだろう?

 

トレード始めてスグなんて

結果が出ない時期があるのは当然。

 

そこで焦ってゆらゆら気持ちがゆらぐと

『この方法なら今日から稼げます!』的な

甘い誘惑に飛びついてしまう。

 

「しっかり土台からトレードを学習していこう!」

なんて気持ちはすっ飛んでしまって

 

でもしばらくすると「このやり方で

果たしてうまくいくのかな?」

再び聖杯を探すたびに出てしまう。

 

多くの人がはまりやすいパターン。

 

早くこのレベルから脱出しなければならない。

 

そのためにこうやってブログやメルマガを

書いていたりする。

 

(もしまだメルマガ読んでいないなら

 さっさと登録すること!笑)

 

「気持ちがゆらゆら揺らいでいるうちは

 土台をしっかり固めることはできない」

 

利益を見据えたトレードができないってこと。

 

自分に合ったルールを見つけていって

行動して修正していくことが大切。

 

自分自身も成長して自分の価値を高めないと

トレードという仕事もうまくはいかない。

 

もしあなたが「なかなか結果につながらない」なら

圧倒的にそこまでの設計と行動量が少ないはずだ。

 

静かな環境で考える時間を取って

心を落ち着けて少し自分のことについて

よく考えてみて欲しい。

 

◆追伸

近々、あなたを強力にサポートする

企画を考えている。

 

緻密な計画の下で

圧倒的な行動をするためのサポートだ。

 

興味がある場合はこちらのメルマガに

登録しておいて欲しい。

真っ先にあなたにお伝えしよう↓

新サポートに興味があるので今すぐメルマガに登録する!

(募集は終了しました)

 

FXをする最適な時間帯は?

ご質問を頂いた。

 

Q:

勤めに出ていてずっとチャートを見てる

わけにはいかないので、
なるべく短期集中でやりたいです。

FXをする最適な時間帯があれば教えていただきたいです。

 

A:

短期集中ということはスキャルピングを
目指しているのだろうか?

 

であれば、夕方からのロンドン市場15:30くらいから
あるいは、夜のNY市場21:30くらいからが
動きやすいだろう。(日本時間)

 

または、エントリーの基準足を4時間足にすれば
4時間ごとにチェックすればいいから、

取引しやすくなる。

Q:

あやなさんは、今FXも含め1ヶ月で

どれぐらい稼いでますか?
目標にしたいので教えてください! 

 

A:

収入の公開はしていない。

 

大切なのは、他人の収入や成績ではなく
「自分がどうなりたいか?」だろう。

 

そうでないと、他人の夢を追うことになって
いつまで経っても自分の夢を叶えることが
できなくなると思わないだろうか?・・・

 

「〇〇さんが毎月1000万稼いでいるから
 私も毎月1000万円稼ぐ!」だと
実現はしづらいだろう。

 

「私は〇〇をやりたくて、

 そのためには〇〇円必要だから〇〇円稼ぐ!」

 

と考えて目標を設定したほうがよりリアルに
夢を想像できるはずだ。

 

リアルに想像できたらしめたものだ。

脳が勝手にそれを実現しようとしてくれるから。

 

まずは、自分が具体的にどうなりたくて

何をしたくてそのためにはいくら必要なのか

リアルに考える。


あなただけの目標が何かが分かって、そうしたら
現状に変化が起きてくるだろう。

 

Q:

今は利確のタイミングがわからなくて困っています。
いい感じで利益が出ているときに、決済しないで我慢して
もう少し利益を伸ばそうとすると結局逆に動いて
損切りになったり、ほんの少しの利益に終わったり。


しょうがないことなのかそれとも

何か対策があるのか知りたいです。

 

A:

正しいやり方を知らずにトレードすれば誰でも
そういった判断になるのでしょうがないこと

といえばしょうがないことだ。

 

しかし、対策はある。

 

それはトレードは本能に逆らうことが

必要だと知ること。

 

そして正しいやり方を知って、

一つずつクリアしていくこと。

 

具体的には

・利益を伸ばすときと伸ばさない時を決める。

・利益を伸ばすときにその通り実行して
 反転して損切になっても気にしない。

・利益を伸ばさない時その通り実行して
・決済した後に大きく伸びても気にしない

とやっていく。

 

しかし、これをいきなりやろうとしても
うまくはいかない。

 

順を追って一つずつクリアしていかなければ

ならないことがあるからだ。

 

それについてはメルマガで順番に

しっかりお伝えしよう。

 

ぜひ登録しておいて欲しい

思考を変えるメルマガを受け取るにはこちらをクリック!

移動平均線でレートは止まるのか?見極めがムズカシイ

ご質問を頂いた。

 

Q:
移動平均線にレートが、近づいていくときに
移動平均線で止まるのか、超えるのか、

上位の移動平均線まで近づくのか、超えるのか


又その上の上位の移動平均線まで近づくのか、
見極めが難しいです。

 

A:

私も以前は同じようなことで悩んでいた。
「この後、価格はどうなるのかなぁ?」って
すごく気になるよね?

 

でも、ある日気が付いたんだ!

 

「あれ?私は未来を当てようとしてない?
 これから価格がどう動くかを知りたがってない?」

って。

 

これに気づいてから、未来を当てようとするのを
やめようと思ったんだ。

 

だって、未来が分かる人なんていないから・・・

 

ある程度予想するのは必要だと思うけれど
未来を当てる必要はない、ってこと。

 

まずはそれに気づくことが大切なんじゃないかな?
 

Q:

感覚ですることが多く負けトレードの繰り返しです。
後で見ればあの時が、良いタイミングだったのかと、
判る状態です。

 

相場認識を鍛えるすべを、、あやなさんから
是非学びたいと考えております

 

最終的には感覚でトレードするようになると
思うけれど、その前にやることがあると思う。

 

それは、「とりあえずガチガチのルールに

沿ってトレードしてみること」

 

巨人の星の主人公・星飛雄馬が大リーグボール養成
ギブスをつけたのと同じように強制的に型にはめて
特訓するんだ!

 

それで、利益が出る感覚を掴む。
そうしたらその後に感覚的にトレードしても
利益が出せるようになると思う。

 

Q:
大体この辺で行こうという気持ちを抑えポジポジ病をせず、
我慢、忍耐し、そしてなるべく、ベストの状態で取引
した方がよいと思うのですが、

 

仕事をしていますので、チャートを見たときには、

今は取引出来そうにないと思うことがよくあります。

 

短い時間足では、レートの動きが速すぎ、

ロスカットになるかもと、思い。
中々タイミングがつかめないです。

 

タイミングが掴みにくい場合は『分割での取引』
という方法もある。

 

あるいは、エントリーの基準足を長い足に変える。

たとえば4時間足を使えば、4時間に一度

チェックするだけでいいから、

それほど時間の拘束は発生しないだろう
 

FXのチャート分析は、株や先物でも通用するのか?

ご質問を頂いた。

 

Q:

FXでのチャート分析は、株や先物など
ローソク足でできているものであれば
どんな分野のチャートにでも通用しますか?

 

A:

はい。

ローソク足でできているものであれば
どんな分野のチャートにでも通用する。

 

ローソク足の分析は

元々は株や先物から発生していて
その分析を為替(FX)に使っている。

 

だからローソク足の分析は株でも先物でも
為替でも当てはめることができる。

 

Q:

取引できる時間が限られているため
どうしても感覚的なトレードをしてしまいます。
 

 

A:

最終的には感覚的なトレードをするような

感じにはなると思う。

 

しかしいきなり感覚的にするのではなく

その前の段階の「ガチガチのルール」で

まずは取り組んだほうがいいだろう。

 

例えば利益40損失20で固定してみる

といった練習をやってみる。

 

そうすることでどういう風に

取引すればいいのかの正しい感覚が

つかめてくるはずだ。

 

ルールは、無理に守ろうとしても
なかなか守れない。

 

まずは

「ルールを守ったほうが自分の利益になる」

と理解できるようにしていく。

 

そうするとルールを破ろうとは思わなくなる。

 

そのためには利益が出せるトレーダーになるために
必要な知識を一つ一つ身につけていくといい。

 

一気に身につけるのはなかなか難しいから

少しづつ思考を変えていく。

 

思考を変えていくための情報は

メルマガで配信しているから

ぜひ登録しておいてほしい。

 

思考を変えるメルマガを受け取るにはこちらをクリック!

リベンジトレードで魔のループ

「思ったようにトレードできない」

 

って感じることがあった。

 

損切トレードが身を切られる感じがして
スゴク嫌だなと感じてた。

 

スグ損を取り返したくなったり
リベンジしたくなっていた。

 

こうなるともうルールも何も
あったもんじゃなくなって
冷静な取引ができなくなる。

 

目の前の小さな値動きに飛びついて
利益になったら大はしゃぎ、
損失が出ればリベンジトレード。

 

これの繰り返し。

 

直視できないほどの損失額に膨らんで
ようやく自分が何をやっているか気づく。

 

落ち込んで、反省する。

 

だけど時間が経てばすっかり忘れて
また同じことの繰り返し。

 

魔のループ。

 

こうなってしまうのには理由がある。

 

【自分にブレーキをかけている】

 

自分で自分にブレーキをかけて
「損切するのは悪いことだ」って
思い込んでいるのが原因。

 

なぜそう思い込んでいるのか?

 

今までの経験から発生している。

 

親や学校、友人のコトバ・・・

 

「優等生じゃないとダメ」

「お前にはそんなことはできない」

「それは常識的じゃないよね」

 

こんな思い込みを持っているから
損切に対しても悪いイメージを持つ。

 

いつまでたっても損切を拒否してしまい
その結果トレードもうまくいかない。

 

うまくいくには今までの経験を
一度手放す必要がある。

 

手放すことで心が軽くなって
損失も受け入れられるようになって

 

そうしたら不思議とトレードが
うまくやれるようになる。

 

・悪い思い込みを思い出して

・手放す

 

たったこれだけのワークをするだけで
トレードがうまく進み始めるから

だまされたと思ってやってみるといい。

 

最近の投稿
カテゴリー
カレンダー
2019年12月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
免責事項

ページの先頭へ