1日20ピップスを目標にした話

「1日20ピップス取ろう!」

 

そんな目標を立てたりしていた。

 

「20ピップス取れたら

 1万通貨で2000円、 10万通貨で2万円

 100万通貨なら20万円! ウヒヒヒヒ」

 

なんて思っていた。

 

でもこのやり方は非常にまずかった。

 

「20ピップス取るのも一苦労!」

 

ってことがあったからだ。

 

「相場は全然動いてませ~ん

 でも20ピップス取りたいです~」

 

どんだけワガママ娘・・・

どんだけワガママババアなんだ!

 

だから私は注意することにした。

 

「私の目線で考えるような

 アホなことはもうしません。」

 

「毎日利益が出せて当たり前!

 私には負ける日なんてないんです!」

 

そんな傲慢なことを考えるのはもうやめます。

 

今日からは行動に注目します。

 

・ルール通りに損切します

・ルール通りに利益確定します

・ルール通りにエントリーします

・ルール通りに見過ごします

 

これらを一つ一つクリアしていくことが

私にとって最も重要な仕事になったのだ!

相場で稼いで億万長者になるには?

大坂なおみ選手が世界ランキング1位に

なってすごいなぁと思うんだけど

 

あんな試合を見ると

「私もあんなスゴイ人になりたい!」

って考えたりするよね。

 

「私も相場で稼いで億万長者になる!」

夢見るかもしれない。

 

夢を見るのは自由だけれど

忘れてはいけないことがある。

 

『突然相場で勝てるようになるわけではない』

 

大坂なおみ選手は今では素晴らしい選手だけど、

ジュニア時代はそれほど目立つ存在ではなかったようだ。

 

それでも地味な練習をずーっと続けたからこそ

世界ランキング1位を獲れるまでに成長したわけだ。

 

冷静に考えれば当たり前の話なんだけど

相場となると当たり前に考えられなくなったりする。

 

「数時間のセミナーに出れば勝てるようになるかも」

 

「2~3時間マンツーマンで教われば

 勝てるようになるかも」

 

「トレード手法を手に入れたら

 スグ勝てるようになるかも」

 

ちょっと考えればおかしいよね?ってことが

おかしく思えなくなっちゃうんだよね。

 

ちょっとやって結果が出ないからって

すぐ違うことをやったりとか。

 

そういう道に知らない間に進んだりしてしまう。

 

だから自分がどういう方向に進んでいるのか?

かなり注意深く意識しておく必要がある。

FXで天井と底をピンポイントで当てる方法

「天井と底をピンポイントで当てたいなぁ」

って思うことがあった。

 

当てられると信じていた。

 

ある日、「天井だ」「底だ」と判断できるのは

いつなのか?って考えたことがあった。

 

調べてみると

「高値を越えず安値を抜けたらその前の高値が天井」

だと判断できることがわかった。(底はこれの逆)

 

ん?どゆこと?と思った。

 

「天井ができた時点ではそれが天井かどうかは

 不明でもっと後にならないと確認できない」

 

となると、だ。

 

「天井ができた時にピンポイントでそこが

 天井だと判断するのは不可能!」ってこと!?

 

不可能なのに「天井と底をどうすれば当てられる!?」

って一生懸命がんばって悩んでいたってこと!?

 

こんな単純なことに気づかず悩んでいたなんて・・・

なんてこったい・・・

 

それに気づいた途端にトレードがうまく

回るようになった。

 

「天井と底は当てられないんだ」と理解して

勝てるようになったんだ。

 

相場の動きはわからないし

当てることもできない。

 

単純なことがわかってしまえば

相場はそれほど難しいものではなくなる。

損失パターンをキッチリ回避するには?

「またおかしなトレードやっちまった。

 連続損切だ、これで〇万円失った・・・」

 

無理なトレードやおかしなことをやってしまい

損失が重なってめちゃ落ち込むことがあった。

 

こうなった後に何をするかって言うと

何とか利益を出したい一心で

多くの本を読み情報を漁っていた。

 

でも実は必死に探さなくても

チャンスは目の前に存在していたんだ。

 

『自分が出した損失の明細』

 

どんな時に損しやすいか?には

自分なりのパターンがある。

 

このことに早く気づけばよかったんだ!

 

損失パターンが見つかったらしめたもの。

損失パターンにハマらなければ損を

回避したり小さくすることができるから。

 

コツは「損失パターン」そのものではなく

「予兆」を発見すること。

 

会社でイヤなことがあったら

無理なトレードをしがちになるとか

 

家族とケンカした時に一気に賭けてしまい

一気に大きな損失を出しやすいとか

 

そういうパターンが出てしまう予兆を発見して

その時はトレードをやらないとやっていく。

 

何を考えているときに、どんな体調の時に

おかしなトレードをやっちゃうのか?

 

損しやすい状況を少なくしていくって事。

 

損失を完全にゼロにすることはできないけど

損しやすい状況での損なら限りなく

ゼロに近づけることができるはずだ。

 

その結果、うまく利益が残っていくようになる

FXのテクニカルは信用できない?

「あーなんで負け続けるのかな?

 何かうまくいくやり方はないかなぁ?

 別のテクニカルを使ってみようかな?」

 

FXで負け始めると「テクニカル」に
興味を持ち始めることが多い。

 

移動平均線とかボリンジャーバンドとか
一目均衡表とかフィボナッチとか

 

これ以外にもたくさんある。

 

「テクニカルをどうにか自分のものにすれば
 勝てるようになるかも!?」

 

って思っちゃうんだよね。

 

私もテクニカルは必死で勉強したから
その知識は半端ない。

 

でも死ぬ気で勉強した結果どうだったか?

 

あまり意味はなかったように思う。

 

ムズカシイ計算式を知ったから、使えるように
なったからといってトレードがそれほどうまく
なったようには思わない。

 

「テクニカルをメチャ学べば勝てるかも!?」

 

私の思い込みでしかなかった。

 

「テクニカルを学べば天井がわかるし
 底を掴むことができるかも!?」

 

いやいや、わからないし掴めないから。

 

「利益が一番乗った一番うまいところで
 決済できるかも!?」

 

できないし、爆上げを指を加えて見てるだけ
ってことはやっぱり起きる。

 

売られすぎ、買われすぎのテクニカルを
使ったところで未来を知ることは絶対に
できないんだ!

 

逆にテクニカルにしがみついたばっかりに
大きな損失につながることもある。

 

流れを無視して

 

「テクニカルでサインが出たから!」

 

単純に逆張りしてうまくいくハズがなかったんだ。

 

テクニカルでサインが出たことに執着して
相場が反転してもそれを認めようとせずに

 

「もう少し粘ったら思った方向に動くだろう」

 

「いや、これはまだ損切りするタイミングではない」

 

自分にとって都合の良いイイワケだけを
探し続ける。

 

その結果持っていたポジションは大きな損失に・・・

 

「こんな結果になるなんて!テクニカルなんて
 全ッ然信用できないじゃないか!!!」

 

「もっと使えるテクニカルはないのか??」

 

血眼になって聖杯を探そうとする。

 

こんなバカげた行動にならないためには

どうしたらいいのか?

 

「テクニカルは利用はするけど信用しない」

 

あなただけは正しくテクニカルを使って欲しい。
 

最近の投稿
カテゴリー
カレンダー
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
免責事項

ページの先頭へ