FXで稼ぐために必要なのは人間の自立だった!2

「FXで稼ぐのに必要なのは
 人間として自立すること」

 

ちょっと次の質問に答えてみて欲しい。

 

誰も見ていないし、言う必要もないから
ウソをつかずに正直にあなたの答えを
心の中で探ってみて欲しい。

 

では、始めよう。

 

良いことをして誰かにほめられたら
うれしい。だから良いことをする

はい/いいえ

 

悪いことをしたらできれば誰かに
注意してもらいたい。そうすれば
悪いことをやらないですむ。

はい/いいえ

 

人より優れたことができたら「スゴイね」
と賞賛してもらいたい。

はい/いいえ

 

不安な時は誰かに引っ張ってもらいたい。

はい/いいえ

 

私は特別優秀でなければならないと

感じることがある?

はい/いいえ

 

私は特別に悪くなければならないと
感じることがある?

はい/いいえ

 

さぁ、答えはどうだっただろうか。

 

これらの質問で「はい」が少なければ少ないほど
あなたは人間として自立しているといえる。

 

「はい」が少なければ少ないほど
FXで稼ぐことも難しくはないはずだ。

 

こんなことがFXに関係しているとは
思えないかもしれないが「FXで稼ぐ」
行為はあなたの心と直結している。

 

誰かに褒められたいから良いことを
するのではなく「良いことだから
それをやる」

 

注意されるから悪いことをやらない
のではなく「悪いことだからやらない」

 

他人に褒められるために何かをする
のではなくあなたがやりたいからやる。

 

不安だから誰かの指示を待つのではなく
自分自身で探す勇気を持つ。

 

人と比べて優秀であることで
自分の存在価値を見出さない

 

人と比べて劣っていることで
自分の存在価値を見出さない。

 

この考えが「ふつう」だと感じるように
日々の行動を変えていけばトレードも
自然とうまく進むようになる。

 

トレードで稼ぐための一つの考え方だ。

FXで稼ぐために必要なのは人間の自立だった!

あやなです、

 

ふとした拍子に感情的になってムダな
トレードをやらかしてしまうってことがある。

 

損切されたことで悲しみや怒りが沸いて
必要のないポジションを思わず取ってしまったり。

 

「あ~またやっちまった!なんで
 ムダなトレードをしてしまうんだろう。
 二度とやらないと心に決めたのに!」

 

と悩みに悩むのだが改善できない。

 

「ムダなトレードをやってしまう」

 

っていうのはこれまで生きてきた人生で
必要だった行動がそのまま反映されているため。

 

「うれしい、楽しい、悲しい、腹が立つ」

 

人間が持っている喜怒哀楽の感情を使って
私たちは他の人とコミュニケーションをとっている。

 

うれしいことがあればうれしさを表現して
周りの人とうれしさを分かち合う。

 

イヤなことがあれば悲しさや怒りを表現して
周りの人にそれを伝え、改善しようとする。

 

これらは私たちにとって必要な行動。

 

喜怒哀楽を使うことで人間関係をよく
しようとしているわけだ。

 

長年の行動で私たちに染みついている。

 

トレードする時も無意識のうちに
同じことを試みている。

 

利益がたくさん出てうれしい時は
うれしい時の行動をトレードにぶつける。

 

損切になって悲しい時は悲しい時の
行動をトレードにぶつける。

 

人間関係をよくするためにはとても
役立つ方法だったけれどトレードでは
全くなんの役にも立たない。

 

むしろ邪魔になる。

 

でも、まだトレードをよく知らないから
その行動がまちがっているとは気づかない。

 

「いつかはうまくいくんじゃないか?」と
同じ行動を続けたり、さらに強い行動を
とってドツボにはまってしまう。

 

どうすれば改善できるか?

 

「トレードで利益を出すための
 正しい方法を私は知らない」と
まずは気づく。

 

それから正しい方法を知って実行する。

 

正しい方法っていうのは『人間として
自立する』こと

 

人間として自立する具体的な方法は・・・

 

長くなったので今日はここまで。
また次回・・・

テクニカル分析を信用するには・・・

あやなです、

 

なんでテクニカル分析を学ぶかっていうと
「エントリーする目安、ホールドする目安、
 エグジットする目安」に使うから。

 

実際にトレードすると・・・

 

「今、1万円の損が出ているな」

「今、5万円の利益が出ているな」

 

こういう時に価格が上下するのを見ると
気持ちが動揺する。

 

「1万円の損失が出ているから
 早く決済してしまいたい!
 この苦しみから解放されたい!」

 

「5万円も利益が出ているから
 早く決済してしまいたい!
 4万とか、3万に減るのは
 耐えられない!」

 

そんなふうに考えてしまう。

 

もし、苦しみから解放されるために、
出ている利益が減るのが耐えられずに
自由気ままにトレードしたら・・・

 

損が大きくなってから決済。

利益が小さくなってから決済。

小さな損を大量発生させる。

 

そんなトレードばっかりになって
結局トータルでマイナスになってしまう。

 

この状態をさけるためになんらかの
客観的な目安が必要になってくる。

 

それがテクニカル分析。

 

例えば、ダウ理論の

 

『高値と安値が同時に切り上げて
 いたら上昇トレンド』

 

っていうのに当てはまっていたら
買いだけを考えるとか、トレンド中だから
まだホールドするとか、この法則から
外れたから決済するとか

 

そういう目安に使う。

 

目安を決めて従っておけば
むちゃなトレードをやりづらくなる。

 

「自分の気持ちをトレードから切り離すために
 テクニカル分析を学んでそれに従う」

 

目安を決めて、その目安を信用する。

 

信用するためにはある程度の労力と時間を
つかってテクニカル分析力を身につける。

 

「これだけ学んで理解もできたから
 ちょっとは信用してやろうじゃないか」

 

って気持ちになれるはずだ。

 

この基礎部分がスッポリ抜けちゃってたら
テクニカル分析を信用する気にはなれない。


めんどうかもしれないけどある程度の知識は
マジメにインプットしておこうよってこと。 

FX初心者、悩める経験者が稼げるようになる3ステップ

あやなです、

 

「今日からFXを始める」

「すでに何年もFXの経験がある」

 

もし、あなたがどういう状態であっても
FXで稼ぐならこの手順に沿っておくといい。

 

・トレード手法を獲得
・資金管理法を獲得
・メンタルを獲得

 

この3本柱のどれも欠けてはならない。

 

もし、まだ稼げていないならこの3つの
中のどれかが足りていないと考える。

 

1つ目のポイント

「トレード手法を獲得しているか」

 

確認方法はカンタン。

 

あなたが使いたいトレード手法を使って
デモトレードや仮想ソフトでチェックする。

 

20回トレードして利益が出ればOK。

 

過去のチャートからランダムに時期を選んで
利益が出るか、入念にチェックするとなおよし。

 

2つ目のポイント

「資金管理法を獲得しているか」

 

トレードに連敗はつきもの。
「たとえ20連敗してもまだ勝負できる」
そんな状態を常に維持しておかなきゃならない。

 

『一回のトレードで出す損失は
 全資金の10%以内』

 

これを必ず守る。

 

ただ、10%ではリスクが高すぎる場合もある。

 

トレーダーによっては1%以内のリスクしか
取らない人もいる。

 

例)
リスクを3%以内に設定した場合、
資金10万円なら1回の損切額は3000円以内。

 

「資金管理がよくわからない」という場合は
リスクは3%以内に設定すればいいだろう。

 

理解できるようになってから改めて
設定しなおせばいい。

 

・トレード手法を獲得
・資金管理法を獲得

 

まずはこの2つのポイントを徹底的に
頭に叩き込む。

 

この2つはやればやっただけあなたの身につく。

 

「チャートを見ても売買ポイントが
 わからない」

 

「いくら賭ければいいかわからない」

 

という状態から早く脱却すること。

 

ちょっと大変だが知識をバンバン頭に
詰め込んでいってほしい。

 

受験勉強のように真剣に学べば数か月で
身につくはずだ。

 

それから実際にトレードしてみる。

 

最後に3つ目のポイント

「メンタルを獲得」

 

実際にトレードしてみるとわかるが
「得た知識通りに身体が動かない」
という経験をするだろう。

 

・エントリーしなきゃならないポイントなのに
 見逃したり、

 

・エントリーしてはいけないポイントで
 ガンガンエントリーしてしまったり

 

・損切しなきゃならないのに損切できなかったり

 

・早めに利益確定してしまったり

 

・利益が少なくなってようやく決済したり

 

・大きく賭けてしまったり、逆に少額しか
 賭けられなかったり

 

これらをクリアしていくためにまず大切な
ことがある。

 

『得た知識どおりの行動をしていなかったな』

と素直に認めること。

 

「利益になった、損失が出た」ってことは関係ない。

『得た知識通りに行動したか?』に注目する。

 

トレードメンタルを獲得する最初の一歩だ。

 

ここがまちがっているとドンドン外れた道へと
進んでしまうからかなり気を使ってあなた自身を
分析してほしい。

 

「稼げた。稼げなかった」ではなく
「得た知識通りに行動したか?」

 

得た知識通りに行動できていなくても
それで大丈夫。

 

まずは気づくことが大切だ。

そうすればスグ次のステップへ進むことができる。

むずかしく考えすぎてFXで失敗?

あやなです、

 

たとえば一日3回トレードする機会があったとしよう。

 

午前中、夕方、夜遅くの3回。

 

あなたはどの時間帯でも同じような目線で
同じようなトレードをするはずだ。

 

で、そのトレードを見直してみると

『夕方のトレードだけ成績がいい』

っていう結果が出たとする。

 

そうしたら決めることは一つ。

 

「これからは夕方だけトレードして
 午前中と夜遅くはトレードしない」

 

それだけで成績は飛躍的に向上するはずだ。

 

ここで

「なんとか午前中と夜遅くのトレードでも
 うまくなってさらに稼げるようにしたい」

 

と考えるのはすばらしいことではあるが
問題を難しくしてしまう可能性が高い。

 

むずかしいことにチャレンジせずに
「今の時点でうまくいっていること」
だけに集中する。

 

そうすれば

 

「あれ?トレードってこんなに
 ラクなものだったっけ?」

 

と良いイメージを受け取ることができるだろう。

 

「あれもこれも」ではなくて「今うまくいっている
一つのこと」に集中してみる。

 

ある一つのパターンでうまくいけば
あとはレバレッジをかければいいだけ。

(賭ける金額を増やす)

 

意外と盲点になりやすい考え方の
一つだが、これを読んであなたは
どう感じただろうか?

最近の投稿
カテゴリー
カレンダー
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
免責事項

ページの先頭へ