相場の環境認識が5分足のエントリータイミングを精密なものにしてくれる

「5分足でタイミングをとってエントリーしているのに

 なかなかうまく伸びてくれないんだよなぁ」

と、こんな状態になったことがあるだろうか。

 

あるいは、

「よしっ ここがエントリーするのにいいポイントだ!」

そう思ってエントリーした途端に反転・・・

こんなことがよくあるだろうか。

 

成功か失敗か

 

こんな状態が続いているのであれば

もしかするとあなたには環境認識の力が

足りていないのかもしれない。

 

 

環境認識というのは、カンタンに言うと

相場の流れをおおまかに判断することだ。

 

「上昇している相場なのか?」

「下降している相場なのか?」

「トレンド相場なのか?レンジ相場なのか?」

 

こういったことがはっきりと認識できないと

 

「エントリーしても利益を伸ばせない・・・」

「エントリーした途端に反転・・・」

 

という状態によく出会ってしまうことになる

 

 

相場の環境認識とは別に

細かなエントリーのためのテクニカル分析

というのがある。

 

 

細かなエントリーのためのテクニカル分析というのは

 

移動平均線にタッチしたから、エントリーする!

高値を越えてきたからエントリーする!

 

といったような、タイミングを図るための分析のことだ。

 

 

相場の環境認識とは、大きな目線

エントリーのためのテクニカル分析とは、小さな目線

というふうに考えるとわかりやすいだろう。

 

 

この相場の環境認識力が高ければ高いほど

 

「エントリーした瞬間から利益が発生する」

 

という状態によく出会うことができるようになる。

 

 

ちなみに、相場の環境認識力が高ければ

どんなトレード手法でも

わりとカンタンに使いこなすことができる。

 

相場の環境認識さえしっかりできれば

一つのトレード手法が機能しやすいのはどんな相場か

機能しにくいのはどんな相場か、ということを

スグに判断することができるからだ。

 

もし、あなたがポジポジ病を患っていたり

トレード手法は持っているのに、スグ損切に引っ掛かる

エントリーしても利益がうまく伸びてくれない

という状態であれば、もっと大きな目線で相場を見る、

つまり、相場の環境認識を意識してみるといい。

 

 

※ポジポジ病とは、チャンスでないのに

 トレードしないと我慢できない状態になること。

 ポジションを持っていないと落ち着かない状態。

 

 

相場の環境認識力をつけるにはコレ!↓↓

 

最速で専業レベルを目指す特別プロジェクト

⇒最短で相場の環境認識力を身に付ける方法

↑↑クリックで今スグ確認できる↑↑

 

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

FXの考え方。勉強してるのに勝てない。一体どうやったら利益を上げられるようになるのか。

FXの考え方。

 

※今日の記事は、あなたにとって少し刺激が強いモノかもしれません。

もし、あなたの体調が悪かったり、何かしらの精神的ダメージを

受けている状態であれば、元気になってから読んでください。

 

FXでなかなか利益を上げることができなかった私が

なぜ利益を上げることができるようになったのか

その考え方をあなたは知りたいだろうか?

 

何のためらいもなく損切りすることができる理由

 

利益の出ているポジションを慌てて決済せずに

長い間保有しておくことができる理由

 

チャートに翻弄されず、ただじっと

チャンスが来るまで待つことができる理由

 

ギャンブルのような大きなポジションは持たず

徹底した資金管理ができる理由

 

これらは、トレードに対する知識があるとか

トレード技術が高いという理由で手に入れたものではない。

 

私のトレードに対する知識はそれほどすごくはない。

トレード技術も、それほど高くない。

 

しかし、トレードに対する情熱は誰よりも負けない自信があるし

トレードと向き合う自分を創っていくことは

今でも進化し続けていると感じる。

 

そして、こういった情熱自己啓発

私の人生そのものにも大きく影響していると感じる。

 

私がトレードで利益を上げられるようになった

最大の理由の一つは

トレードに対する情熱と自己啓発だ。

 

もし、トレードに対する情熱と自己啓発がなければ

 

いつまでたっても損切を嫌がっていただろうし

いつまでたってもスグに利益を確定させたくなって

いつまでたってもポジポジ病が治らず

 

いつまでたってもギャンブルのように

大きなポジションを立て続けていただろう。

 

損切を嫌がるということは

自分の欠点を認めないことと同じ。

 

スグに利益確定をさせたいと思うのは

欲深い証拠。

 

トレードしたくてたまらないポジポジ病は

自己中心的な考えばかりするから。

 

大きなポジションを建てたがるのは

上の悪いところ全部だ。

自分の欠点を認めず、欲深く、自己中心的だから。

 

ここに目を向けた瞬間から

私のトレードは飛躍的に良い方向へ向かうようになった。

 

もちろん、相場の環境認識やトレード技術を

ある程度は磨く必要はある。

 

資金管理だって十分に勉強しておく必要がある。

 

しかしながら、こういった相場の環境認識やトレード技術は

誰でもスグに身に付けることができる。

 

もし、あなたが相場の環境認識がわからない

トレード技術を身に付けることができないということであれば

単純に『トレードに対する勉強が足りない』の一言だ。

 

キツイ言い方かもしれないが

わたしにはそうとしか考えられない。

 

逆に言えば、トレードの勉強さえやれば

スグに環境認識力やトレード技術を

身に付けることができる、とも言える。

 

もし、あなたがトレードの勉強を十分にやってるのに

なかなか勝てない!ということであれば

一番の問題はあなた自身の考え方にある。

 

だから、その部分に目を向けてみれば、

あなたのトレードが変わる。

 

FXの自動売買、サインが出る系のソフトがなぜだめなのか

自動売買とか、サインが出る系のシステムを使って

「簡単にトレードしたいなぁ」

なんて思ったことがあるだろうか。

 

サインが出たとおりに売買して利益が出るならば

こんなにおいしい話はない。

 

以前に自動売買がなぜだめなのか

について記事を書いた。

 

つまり、自動売買は有効なのに

あなた自身がその有効性を

なくしてしまうからだめなんだということ。

 

自動売買がなぜだめなのかという理由は

この記事の他にも

サインを取捨選択する必要があるから

ということも言える。

 

 

基本的に

自動売買やサインが出る系のソフトには

一長一短がある。

 

それは、トレンド系とレンジ系のサインを

同じシステムで出すことはできないということだ。

 

 

トレンド時に有効なソフトはレンジ時に使うと損が多い。

レンジ時に有効なソフトはトレンド時に使うと損が多い。

 

 

だから、相場の環境認識が大切になってくる。

 

 

つまり、トレンド時だと思えば

トレンドに有効なソフトを使う必要があり、

レンジ時だと思えばレンジ時に

有効なソフトを使う必要があるということだ。

 

さらに細かく見ていくと

トレンド時にトレンドに有効なソフトを使っていたとしても

全てのサイン通りにトレードすると損が多くなる。

 

だから

実際にはサインを取捨選択する必要がある。

 

レンジの時にレンジに有効なソフトを使っていたとしても

すべてのサイン通りにトレードしていると損が多くなる。

 

だから

やはりサインを取捨選択する必要がある。

 

 

最終的に、あなたが相場についてわかっていなければ

自動売買とか、サインが出る系のシステムを使っても

利益を出すことはできないということになる。

 

 

しかし、一時的に利益が出ることはある。

それは、たまたまトレンドに有効なソフトを手にして

たまたまトレンド相場にそのソフトを使った時だ。

 

逆もしかり。

 

そんな風に利益を出した時は

まさしく聖杯を見つけたかのように興奮するだろう。

 

そして、「トレードってこんなに簡単だったんだ」

そう感じるだろう。

 

しかし、残念ながらそんな時期は長くは続かない。

 

そのうち、トレンド相場がだんだんと

レンジ相場になってきた時

成績が少しづつ悪くなるだろう。

 

そして、ある時から損失のオンパレードとなる。

 

そして、トレードが怖くなってようやく

相場というものを真剣に勉強するようになる。

 

なぜそんなことがわかるのかって?

 

そんな経験を私がしてきたからだ。

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

FXで利益を伸ばすには。利益確定にコツがあるのか。

「もっと利益を伸ばしたいなぁ」

「どうやったら利益を伸ばすことができるんだろう」

 

FXでトレードするときに

こんなふうに悩むことは多いだろう。

 

私も利益を伸ばすことには苦労した。

 

 

「もう、利益がなくなるんじゃないだろうか」

 

「今手に入れているこの利益がなくなって

損切になってしまったら嫌だ」

 

 

そんな不安と欲望で頭がいっぱいだったからだ。

 

 

人間は、自分が知らないことだったり

よく理解できないことに対しては

不安恐怖を感じるようにできている。

 

 

だから、もしあなたが現在

 

・なぜ利益を伸ばさなければいけないのか

・今利益を伸ばしてもいい状態なのか

・今利益を伸ばしてはダメな状態なのか

 

ということを

ハッキリと理解していない状態

であるならば

 

どんなに気合を入れて

「利益を伸ばそう!」

と頑張っても、

なかなかうまくは利益を伸ばせないだろう。

 

 

だから

「なるべく不安や恐怖を感じずに利益を伸ばしたい!」

と思うのであれば

まずは相場を知ることから始めるといい。

 

 

相場を知るというのはどういうことかというと

「エントリーすればトータルで勝てるポイントがある」

ということを心の底から理解するということだ。

 

 

難解な動きをする相場だが

相場環境を認識して

ある程度、相場の動きがわかるようになると

 

どこでエントリーすればいいのか

エントリーしてはいけない状態はどんな状態か

ということが

ハッキリとわかってくるようになる。

 

 

相場の環境認識というのは非常に重要だ。

 

 

しかし、実は

相場の環境認識よりも大切なことがある。

 

 

それは

相場の将来の動きは予測できない

ということだ。

 

なぜなら、相場というものは

予測可能であるけれど

予測不可能なもの

という性質を持っているからだ。

 

 

相場の全てを理解してやろう

と思った瞬間から

相場というものはとてつもなく難解なものになる。

 

 

だから、

相場は予測不可能なもの

ということを常に頭に入れておいて

相場の迷路にはまらないようにしておく必要がある。

 

その上で、相場というものは

「ある一定のルールの下に動いている」

ということを理解すれば

相場に対するばくぜんとした

不安や恐怖がなくなっていく。

 

そうすると

 

「もう、利益がなくなるんじゃないだろうか」

 

「今手に入れているこの利益がなくなって

損切になってしまったら嫌だ」

 

そんな考えから

 

「このポジションはここまで保有しておいた方がいい」

 

「さらに伸びるポイントだからまだ保有しておこう」

 

「ここまで来たら、一度利益確定しておいた方がいいな」

 

こんな風に

冷静に自分のポジションを見ることができるようになる。

 

 

***** ↓スルーせずに応援スルー!!↓ *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

マエストロFX【MaestroFX】とビクトリーメソッド【VMA】との違い

マエストロFXビクトリーメソッド
 同じ佐野裕さんが作成されていますが
 中身が違うのですか?」

 

そんなご質問を時々頂く。

 

マエストロFXとビクトリーメソッドの
中身はほぼ同じだ。

 

簡単に言えば
ビクトリーメソッド(VMA)はオリジナル版で
マエストロFX(MaestroFX)が改良版ということになる。

 

ビクトリーメソッドはPDFがメインの教材

トレードの基礎はもうわかっている

というあなたにぴったりだ。


マエストロFXはDVD(動画)がメインの教材

トレードはまだ初心者だから、基礎からしっかり

教えて欲しい、というあなたにぴったりだ。

 

ちなみに、

ビクトリーメソッド(VMA)と言えば、詐欺商材の

温床であったトレード商材界を揺るがした

正真正銘、本物の優良トレード商材だ。

 

ビクトリーメソッドはPDFがメインとなっている。

トレードで利益を上げるために必要な、相場の

環境認識の考え方、そしてトレード手法が

くわしく書かれている。

 

そしてビクトリーメソッドが世に出てから数年後
「もっと簡単に、わかりやすく伝えたい」
佐野裕氏のそんな想いを形にしたのが
マエストロFX(MaestroFX)ということになる。

 

マエストロFX、ビクトリーメソッドのどちらにも
素晴らしい動画解説がついている。(現在も毎週追加中)
佐野裕氏の無期限サポートもついている。

 

PDFで学ぶか、DVD動画で学ぶか

好きなほうを選んだらいいのではないだろうか。
 

詳しくは下のリンクをクリック

↓↓↓
ビクトリーメソッド(VMA)の詳細はコチラ


マエストロFX(MaestroFX)の詳細はコチラ

 

マエストロFX(MaestroFX)ご購入者からの感想をご紹介

 

マエストロFXをやり始めてから、
相場を見てエントリーしている内に、
勝てる相場がおのずと分かるようになってきました。

 

取引動画もためになりスマートフォンに入れて

昼休みなどに見たりしてますよ。

 

その中で自分なりのルール

(早期決済とか)ができましたが、
根幹には佐野先生の教えが脈々と流れていますw

 

FXは小遣い+αとして考えてますが、
現状では給料を超えてしまってますので・・・
まだまだじっくり実績を上げてから考えることにします。

 

マエストロFXを購入して

一度も質問をしたことがありませんが、
分からないこ とがあれば聞きたいと思います。

 

トレード動画やメルマガの編集等、かなり大変でしょうが、
どうか、体にはご自愛下さい。

 

追伸:トレード動画ですが、先生の口調とか、

個人的にはかなり好きですw

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもいつもありがとうございます。

お陰様で、常勝トレーダーの仲間入りをさせていただけたと、

確信がもてました。

 

振り返ってみると、佐野様が語り続けてくださった全てが、

そのまま真実でありました。

 

もちろんそう思って学んで参りましたが、

佐野様が与えて下さるものが素晴らしすぎて、

それを私の精神が消化できるまで、

時間とエネルギーが必要であったようです。

 

とても辛い時間でありましたが、

メルマガ、動画配信、そして迅速なメール対応など、

実に手厚いサポートをご提供いただけたお陰で、

佐野様の存在をリアルに感じる事が出来ました。

 

その佐野様の存在感が、

壁を乗り越えられた、最大のポイントであったように思います。

佐野様は私の生涯の恩人であり、不二のメンターであります。

 

一度もお会いし たことはございませんが、

こんなご縁もあるものだなと不思議に思います。

 

これからもマーケットから、そして佐野様から学んだ多くを糧に、

佐野様のように、真の意味で世の中に深く貢献できる人物を目指し、

精進を重ねていこういと思っております。

 

何度も何度も類似したご質問を投げかけたにもかかわらず、

ご丁寧かつ誠実なご対応をいただけたこと、生涯忘れません。

本当にありがとうございました。

 

佐野様とご家族のご健勝を、心より祈念いたしております。

いつかどこかでお会いできたら、これほど嬉しいことはございません。

ではでは。

 

詳しくは下のリンクをクリック

↓↓↓
ビクトリーメソッド(VMA)の詳細はコチラ


マエストロFX(MaestroFX)の詳細はコチラ

 

>> 続きを読む

どんな相場でも勝つために必要なのは相場の環境認識

「どんな相場でも勝つことができたらなぁ」

 

私は以前そんな願いを持っていた。

 

レンジ相場、トレンド相場

レンジとトレンドが入り混じった相場

全く動かない相場・・・

 

相場の状態にはいくつかのパターンがある。

そのパターンの組み合わせと

いくらかの『行き過ぎ』で相場は成り立っている。

 

 

だから、どんな相場でも勝つことが大切だ。

 

 

あなたは、どんな相場でも勝つことができているだろうか。

 

レンジ相場だけなら、勝てる

トレンド相場だけなら、勝てる

 

もしこんな状態でも、苦手な相場で休むことができるならいいが

「いつまで取れない相場が続くのだろう」

そう不安になって思わず苦手な相場に手を出し

無計画なトレードで損失を出してしまう可能性が高い。

 

 

そして、それがきっかけで

大きくトレードが崩れてしまい

多くの資金を失ってしまう可能性が出てくる。

 

 

だから、『どんな相場でも勝つ』

という技術を身に付けることは

あなたにとって非常に大切だ。

 

 

ところで、どんな相場でも勝てるようになるためには

一体何が必要なのだろう。

 

それは、今の相場の状態がどんな相場なのかを

しっかりと区別し、判断することができることが必要だ。

 

 

いわゆる相場の環境認識というものだ。

 

 

「相場の環境認識ができる」とは

単純に日足が上昇しているから

『上昇トレンドなんだな』

ということだけではなく

 

 

・上昇トレンドだけれども

 そろそろ調整や反転のポイントとなりやすい状態に

 近づいてきているな

 

・ここを越えたら更に大きく上昇しそうな

 ポイントを抜けてきたな

 

・大きく下がってきたけれど、反転して上昇しやすい

 押し目のポイントに入ってきたな

 

 

といったように

相場の状態をしっかりと認識し

判断できることを言う。

 

 

この相場の環境認識がしっかりできていれば

 

このトレードでは利益を伸ばすことを

優先したほうがいいな

 

このトレードでは無理をせず

利益を早めに確定させておいた方がいいな

 

というふうに判断できるようになる。

 

 

要するに『相場の環境認識』とは

どんな相場でも勝つために必要な

根っこの部分になる、ということだ。

 

私はこの相場の環境認識をしっかり身に付けることで

どんな相場でも利益を上げることができるようになった。

 

どんな相場でも勝つために

相場の環境認識は非常に大切だ。

ということを、頭の片隅にでも覚えておくと良い。

 

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

FXで勝つために必要なことをまとめてみた2

前回記事

FXで勝つために必要なことをまとめてみた1の続き

 

 

第4のポイント 資金管理

 

『資金管理がしっかりしているだけで勝てる』

と言う人がいるほど、資金管理は大切だ。

 

「1トレードでの最大リスクは資金に対して2%まで」

ということが一般的に言われている。

 

これはどういうことかというと

100万円の資金があるならば

1回のトレードで2万円まで負けていい、ということだ。

 

人によっては1%以下に設定する人もいる。

 

当然、複数のトレードを一度に行うこともあるだろうが

その場合でも資金に対する損失は

5%以下に設定する方がいいだろう。

 

それにしてもなぜ資金管理がこれほど重要なのだろうか。

 

それはやはり「感情」に影響する部分が大きいからだろう。

もし、一回のトレードで資金の三分の一を失うとすれば

取り返すチャンスは二回しか残っていない。

 

あるいは、証拠金不足となってしまって

一回のチャンスしか与えられないかもしれない。

 

少ないチャンスで利益を上げようとすれば

かなりのプレッシャーがかかる。

 

プレッシャーを抱えたままトレードすれば

焦ってトレードしたり

判断ミスを誘発することにつながりやすい。

 

だから資金管理は重要なのだ。

 

『20回連続で損切りになったとしても

まだまだトレードできる資金が残っている』

 

そんな安定した心理状態を作るためにも

資金管理を徹底しておく必要がある。

 

もちろん、感情面からのアプローチだけでなく

単純に、

「トレードできる回数が多く残っていれば残っているほど

利益を出せるトレードの確率もそれに比例して高くなるから」

という考え方もできる。

 

 

【資金管理】 枚数を調整する

 

さらに繊細な資金管理を行うことにより

あなたのトレードを有利にさせることができる。

 

例えば、

・エントリーの場面において分割してエントリーする。

 

一度のエントリーで成功する確率は低いのだから

分割してエントリーすればいいじゃないか、という考え方。

 

それから

・最小単位でエントリーを探る

 

エントリーで緊張してしまうようであれば

最小単位でとりあえずエントリーしてみる。

そうすれば、ポジポジの欲求を満たすことができ

トレードに対して冷静になれる。

 

損失となっても気にするほどの損失ではないので

安心してトレードすることができる。

 

何度かエントリーしてみれば、

相場の流れを感じることができるかもしれない。

 

ただ、あまり慣れていないうちにこれをやると

混乱してしまうこともあるようだ。

 

 

利益確定の時に枚数の調整をすることもまた、

心理的に有利になる。

 

『三分割の利食い』が有効であるということは有名だ。

 

・少しでも利益になったら1/3を利食う

『利食いたい!』という欲求を満たす。

 

・最初の目標にたどり着いたらまた1/3を利食う

『ある程度の利益をもう獲得したい』という欲求を満たす

 

・残った1/3は利益を最大限に伸ばす

『もっと利益が大きくなるかもしれないから

まだ保有しておきたい』という欲求を満たす

 

 

ということで、FXで勝つために必要なことは

 

・相場の環境認識

・トレード手法の確立

・(確実な損切)←トレード手法の確立に含まれる

・資金管理

 

この三つのポイント(+確実な損切)ということになる。

 

 

FXで勝つために必要なことをまとめてみた。1

 

トレードを始めてから勝てるようになれるまで

その過程を軽くまとめてみた。

 

 

第一のポイント 相場の環境認識

最初に必要なのは『相場の環境認識』をすること

 

『相場の環境認識』というのは

今の相場がどんな状態なのかを認識するということだ。

 

上昇しているのか、下降しているのか、それともレンジ状態なのか

まずはトレンド状況をしっかり認識できる必要がある。

 

そして、相場の環境認識ができるようになってから

確立させたトレード手法を使って実際にトレードすることができる。

 

押し目を買ったり、ブレイクを狙ったりなど。

 

「トレード手法は確立しているのに

なかなか思うように利益を上げることができない」

 

もし、あなたが現在、そんな悩みを持っているのであれば

もしかすると『相場の環境認識』が欠けているのかもしれない。

 

第二のポイント トレード手法の確立

環境認識ができるようになったら

ようやくトレード手法を使ってトレードすることができる。

 

まぁ、その前に「トレード手法」を確立させる必要があるのだが

それは時間をかけて自分で作ったり、どこかで手に入れたり(ブログとか?)

商材を購入したりすればよい。

 

そして実際にデモトレードで利益が上がるかどうか試してみる。

その際に気を付けておきたいことは

 

『利益>損』 となるようなトレードをしているかどうか、ということ。

いわゆるリスク・リワードを考えておくということだ。

 

この時に『利益=損』あるいは『利益<損』となる行動をとってしまうと

永遠に利益を上げることはできないので、気を付けなければならない。

 

具体的にはどんな行動がダメなのかというと

 

・エントリー後に損切位置に来ていないのに

 ビビッて小さな損を確定させてしまう

 

・エントリー後にスグに含み損になり

 見ていたらプラスマイナスゼロのポイントまで来て

 「これ以上保有しておくことができない!」と我慢しきれずに

 建値決済してしまう

 

・エントリー後に少しだけ利益が乗って、本当ならば

 もっと利益を伸ばさなければいけないのに

 怖くなって薄利で決裁してしまう

 

こんな行動をしていてはダメだということだ。

 

なぜこんな行動をしてしまうのか?ということだが、

心理的抵抗も色々と考えられるが

その前の段階、つまり

検証時間が全然足りていないのでは?ということも忘れてはいけない。

 

ルール通りににトレードすれば、利益>損となっているので

繰り返せば繰り返すほど利益になる!(はず!)と

自信を持てるほど検証を繰り返さなければならない。

 

ここでいう検証とは、

デモで実際にルール通りにトレードした時に

最終的に確実に利益が残ることを何度も繰り返す・見直す

ということだ。

 

ここで少しブレイク

トレードの勝率について少し。

勝率は大事だけれども、勝率だけ固執してはイケナイ。

勝率90%なのに、負けるということもあるからだ。

 

まぁ、勝率が90%もあるのに負けるということは

利益<損 というトレードばかりしているか

どこかで 利益<損(かなり大きい) というトレードをしてしまっているということになる。

 

ここで気づいてほしいのは、勝率90%で負けるということは

勝率10%でも勝てるということ。

 

つまり、どこかで 利益(かなり大きい)>損 にすればいいだけの話。

 

とは言っても、『値動きを確認してエントリーする』というトレードが大部分だろうから

それほど単純な話ではないかもしれないが。

 

勝率は気にかけつつ、それほど気にしない、というスタンスが一番いい。

 

 

第三のポイント 損切の重要性

まぁ、第二のポイントに入るかもしれないが

損切を嫌がることは多いと思うのであえてテーマにしてみた。

 

基本的に、トレードは

「最終的に利益が残るであろう行動を繰り返し行う」

というものだ。

 

だから、「損切がイヤ」と考えるのは

「最終的に利益が残るであろう行動を繰り返し行う」のがイヤ

と言っているのと同じことになる。

 

今月は10回まで損切してもいい、と考えてみる。

 

10回損切する間に、1回の損よりも大きい利益をとっていく。

そうすればすべての損切を使い切る前に利益が増えて

トレードを継続することができる。

 

利益>損 という計画のトレード、あるいは

利益(かなり大きい)>損 という計画のトレードを

何度も繰り返せば、利益が残るのは当たり前なのだ。

 

だから、「損切」は計画的な損であって、必ずしも負けというワケではない

とにかくトータルで勝てればいいということだ。

 

というか、損切はあって当然、と考えるほうがいい。

 

 

少し長くなったので、他の重要事項はまた次回。

 

そういえば、こんな記事も書いてたけど。

「勝つための三つの条件」

まぁ、これよりもう少し大きな目線かな。今回は。

最近の投稿
カテゴリー
カレンダー
2020年9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
免責事項

ページの先頭へ