自動売買、シグナル配信、高勝率手法に騙されてきた過去

完全自動売買、シグナル配信、

再現率100%の高勝率手法

 

トレード手法にはいろいろあって迷うよね。

一体どれが一番稼ぎやすいのか・・・?

 

私が経験し、ことごとく引っかかった
それぞれの罠についてお伝えしよう。

 

これを読めばあなたが罠に

かかるようなことはない(ハズ!)

 

完全自動売買の罠

 

完全自動売買の中にはお手頃な

超低価格でハイリターンを生み出す
大ヒットしているプログラムが存在する。

 

取引の証拠となる

『実践者の取引履歴画像』付きで。

 

そんなものを目にしてしまうと

 

「この完全自動売買プログラムを手にすれば、

 私にだってFXで利益を出せるかもしれない、

 いや、出せるはず、
 

 スグ儲けられるに違いない!」

 

な~んて思ってしまう。

(というか、思ってしまった過去の私・・・)

 

ここでいったん心を落ち着けて冷静に分析、
判断できればいいものの、思いこんだら一直線。

 

その裏側にある黒い事実には気づかなかった。

 

たとえば

・過剰なカーブフィッティング
(プログラムの過剰な最適化)

 

流れがはっきりしてるとき、
たとえばずーっと右肩上がりで
上昇する相場があったとする。

 

そんな時、単純に「価格が下がったら買う」
それだけでハイリターンで稼げる。

 

でも相場が変化していったとき、

 

たとえばちょっと大きな乱高下になったり
流れが良く分からなくなってきたとき
いきなり勝てなくなる、ってことが起きる。

 

・中間業者への手数料

 

取引手数料と合わせて紹介業者に取引ごとに
手数料がかかる場合がある。

 

実際に取引が始まってから「あれ?なんか
手数料たくさんとられてるな?」って

思ってもあとの祭り。

 

取引利益は出るのに手数料を支払ったらマイナス!
てこともよくある話だ。

 

・ストップ狩り、スプレッド増大

 

自動売買だからそれを使ってる人は
全員同じタイミングで取引する。

 

取引金額が大きくなった時に

ストップ狩りされたり


いきなりスプレッドが増大する

危険性がある。

 

だから私は完全自動売買より

裁量トレードをオススメする。
献身的なサポート付きマエストロFX

裁量トレードの詳しいメリットは最後にお伝えする

 

「あ~あ、自動売買なら勝てると思ったのに
 やられちゃったよ・・・別の方法を考えよう」

 

そう思った私はシグナル配信に目をつけた。

 

シグナル配信の罠

 

「エントリーサインが点灯したら
 その通りトレードすればいいんだよね。
 カンタン、カンタン。」

 

「これなら頭を悩ますこともなくラクに
 トレードして稼げるね♪」

 

そして私はまたしても『語られない黒い事実』を
素通りすることになった・・・

 

シグナルが点灯すればエントリーすればいい、
そう思っていた私だったがなかなか思うようには
いかなかった。

 

シグナルが点灯するのを見落としたくないから
緊張しながらずっと相場に張り付いて疲れる、

 

ちょっと気を抜いてシグナルが点灯を見逃して
焦って追っかけてエントリー。

 

エントリーが遅くなって利益が出ない、

ってことが頻繁に起きる。

 

せっかくシグナル通りエントリーしても
「早く利益確定したい!」って思ってしまって
決済ルールより早めに切ってしまう。

 

あるいは「もっと利益が伸びるはず!」なーんて
思ってしまって持ちすぎて利益を少なくする、
場合によってはマイナスになってようやく切る。

 

「このシグナル、ほんとに使えるのかなぁ?」

 

疑心暗鬼になってやる気を失う。

 

結局、シグナルに従っていれば利益が出るはずなのに
それを自ら放棄してしまう・・・

 

だから私はシグナル配信より

裁量トレードをオススメする。
ロングセラー7年目に突入。マエストロFX

裁量トレードの詳しいメリットは最後にお伝えする

 

「やっぱ、シグナル配信も勝てないねー」

 

しょうがないからとりあえず自分を慰める。

そして次の手法へとさまよう私。

 

『勝率99%、高勝率短期売買手法』

というものを発見した私。

 

「もう、これしか残ってないでしょう!」

 

初心者でも初日から連勝!
しかも実績者の声も顔写真付きで多数載っている。

 

しかもベストセラー!

 

「これよ!これ!私が探して聖杯が見つかった!」

 

歓喜の舞を踊りながらポチっと購入ボタンを押す私。

 

当然、語られていない黒い事実が
私の頭をよぎる暇は一切ない。

 

・やればやるほどマイナスに・・・

 

「1回の取引で3pipsの決済かぁ。
 それだったら確実にとれそうだね!」

 

「なになに?損切幅は200pips?」

 

「うーん、それだと100回利益が取れても
 2回負けたらもうマイナスじゃん・・・」

 

「こんなやり方で稼げるわけないじゃん!
 うぇ~ん!もうヤダ!」

 

だから私は高勝率手法より

裁量トレードをオススメする。


佐野裕講師のわかりやすい解説。マエストロFX

 

あ~あ、FXで勝つのは夢のまた夢なのかなぁ

そんなとき、「裁量トレード」というものに出会った。

 

「裁量トレードかぁ。ふーん」

 

「裁量トレードって習得するのにすごく
 時間がかかりそうだよね。
 経験もたくさん積まなきゃいけないんでしょ?」

 

「それに、たくさん稼ぐには才能だって
 必要になるんでしょ?私にそんな才能が
 あるとは思えないしなぁ」

 

「トレードチャンスを逃さないためには
 当然ずーっとパソコンに張り付かなきゃ
 いけないだろうし・・・」

 

「私には裁量トレードは難し過ぎると思うんだよね!」

 

ところが、実際には多くの人に語られない
驚愕の事実が存在するのだった・・・

 

・リスク管理しながら効率よく資金を増やせる

 

「今までは損切ポイントはここでやりなさい
 っていうふうに決められてて、苦しくっても
 持ち続けなきゃいけないとかあったんだけど

 

 裁量トレードなら損切ポイントを自分で
 決めることができるのかぁ


 じゃぁ、小さな損切幅でも多少大きな損切幅でも
 私が好きな方法でやっていけるってことなんだね。」

 

・相場の変化に対応できる

 

「もし、私が裁量トレードを見につければ
 右肩上がりの相場でも、右肩下がりの相場でも
 上昇でも下降でもないっていう相場でも
 どんな状況でもトレードできるんだね」

 

・自分でスタイルを決められる

 

「短期売買をしたいなら、短期売買の方法で、
 少し長く持ちたいなら長く持つ方法っていうふうに
 私がやりたいやり方でトレードできるんだね」

 

「毎日チャートをみれないときは、週に
 何回かチェックするだけでいいっていう
 やりかたもできるってことかぁ」

 

・何度も繰り返せばスキルは身につく

 

「実際に覚えることっていうのはあんまり
 多くないんだね。

 何度も繰り返せばそのうち身につくってことかぁ」

 

・一度スキルを身につければ一生使える

 

「車の運転と一緒で、一回モノにすれば
 一生続けられるってことかぁ。
 それなら年をとっても続けられそうだね」

 
「うーん、こんなにたくさんメリットがあるなら
 裁量トレードにチャレンジしてみようかなぁ

 
 これでダメだったら、トレードあきらめればいいしね。

 最後のチャンス!がんばるゾー!」

 

そして私は裁量トレーダーとしての

道を歩むことになったのだ・・・

 

あなたが本気でFXで稼ぎたいと思っているなら
私はこれをオススメする

最強の裁量トレード学習法 マエストロFX

 

FXで同じ手法を使っても勝てる人と勝てない人の差

良いトレード手法を手に入れても

勝てるようになる人と

全く勝てない人が存在する

 

なぜか?

 

一つ目の理由が『スキルの浅さ』

 

たとえば

 

チャートを見てもトレードできそうな

ポイントを見つけられない。

どう判断したらいいのかわからない。

 

トレンドが何かよくわかっていない

レンジが何かよくわかっていない

 

テクニカルは使っているものの

その意味や正しい使い方を

実は知らない。

 

資金管理の正しい方法を

頭に入れていない。

 

こういう場合は正しいトレードのやり方が

身についていないから

いくらトレードしてもお金は稼げない。

 

でも、正しい知識で数か月の

訓練さえすれば誰だって

正しくトレードできるようになる。

 

『スキルの浅さ』はトレードで稼げない

理由の一つだが、それほど大きな

問題ではない。

 

問題はもう一つの理由。

 

『心理的な障害』

 

損切ができずズルズルと

塩漬けしてしまう

 

ついつい大きなポジションを

もってしまい一度で大負けする。

 

エントリーできない

『トレード恐怖症』

 

トレードしなきゃ気が済まない

『ポジポジ病』

 

「トレード手法」とは関係ない部分が

あなたの足を引っぱっているわけだ。

 

じゃぁ、どうすればこれらを克服して

勝ちつづけられるトレーダーになれるか?

 

それには「トレードとは全く関係

ないんじゃない?」と感じてしまう

ようなあなたの行動が大切になってくる。

 

次の記事に続く

FXデイトレード手法の組み立て方~作り方の基本~

FX入門書を読んだ!デモ口座も開設した!

さぁ、トレードを始めよう!

 

とは思ったものの・・・

 

「あれ?何からしたらいいの?

 さっぱりわからない」

 

「時間足って日足とか1時間足とか

 5分足とかたくさんあるけどどれを

 見たらいいんだろう?」

 

「エントリーする時はどの足を見たらいいの?」

 

「日足は上昇してるけど1時間足は下がってる。

 買ったらいいの?売ったらいいの?」

 

「ラインを引けっていうけどどれに対して

 引いたらいいの?前回高値てたくさんある・・・」

 

頭の中は真っ白。

 

FX入門書は読んだし、言ってる意味もわかる。

 

でも具体的にどうしたらいいのか

全然わからない。

 

一応エントリーして、決済もしてみた。

 

でも・・・

 

「このやり方で合ってるんだろうか?

 というか、間違っててもわからないよね」

 

最初の一歩

 

FX初心者が最初に必要なのは

トレードルール、トレード取引手法だ。

 

一番手っ取り早いのは勝ち続けている人の

やり方をお金と引き換えに手に入れること。

 

「うーん、それもいいけど自分で

 手法を確立させたいな」

 

では手法を確立させる方法を公開しよう。

 

『足』を決める

 

分足、時間足の中から一つだけ選ぶ。

1分足でも15分足でも1時間足でも

気に入った足を選べばいい。

 

1分が早すぎると思えば10分、15分。

30分や1時間足を選んでもいい。

 

後で変えても構わない。

 

デイトレードかスイングトレードか決める

 

デイトレードとは一日で完結

スイングトレードとは数日で完結。

 

テクニカルを2つ選ぶ

 

テクニカルはいろいろある

 

 

移動平均線

MACD

ボリンジャーバンド

RCI

ストキャスティクス などなど。

 

相性の良さそうなテクニカルを2つ選ぶ。

 

テクニカルの使い方や概念は

専門書で調べて頭の中に叩き込む。

 

チャートを準備する

 

過去のチャートを準備し、テクニカルを

表示させる。

 

テクニカルには「設定値」というものが

あるが、最初の設定でも構わない。

 

数値を設定したら過去のチャートを

テクニカルを絡めながらチェックする。

 

例)移動平均線を2本使った場合

 

トレードルール:

2つの移動平均線がクロスして

足が確定した後、次の足が

始まったらエントリーする。

 

次のクロスが発生したら決済し

同時に反対売買する。

 

これを続けた結果どうなるか1か月分の

チャートでチェックする。

 

1か月分をチェックした後、利益が

出ていなければやり方を変えて

また一か月分チェックする。

 

例)

・買いだけのルールを取り入れてみる

・設定値を変えてみる

・テクニカルの組み合わせを変えてみる

 

うまく利益が出せるものを作れたら

過去2~3年分をチェックしてみる。

 

10年分チェックできればより安心だ。

 

トータルで利益がでそうなものが

出来上がったら実際にトレードしてみる。

 

※手数料(スプレッド分)を忘れずに組み込む

 

トレード手法の組み立て方は基本的に

こんな感じになる。

 

私がFXを始めた最初の頃、2~3か月毎日

チャートと格闘したが最終的に利益の出せそうな

トレード手法は作り出せなかった。

 

トレードの知識が浅すぎたのだろう。

 

が、このやり方で成功する人もいるようだ。

 

FX手法が使えなくなるとき~聖杯はあるのか~

FX手法には正しい使い方がある。

 

使い方を間違えれば儲けられない。

 

が、

正しく使えば面白いほど儲かる

 

「海水浴場でアツアツのおでんを売って

 儲けるんだ!」

 

もしあなたの知り合いががそんなことを

言い出したら、あなたは何と言うだろう。

 

私ならこう言う

「アツアツのおでんより、冷たい食べ物

 のほうが売れるんじゃない?」

 

暑い日には冷たいものが食べたくなって、

寒い日には暖かいものが食べたくなるのが

ふつうだろうから。

 

ところが、相場の世界ではこんな当たり前な

判断が全くできなくなるときがある。

 

例えば高値を越えたら買いエントリーして

利益を上げる「買いのブレイクアウトトレード」

を永遠に続けるといったことだ。

 

このトレードは私がはまったワナでもある。

 

ずーっと上昇していくトレンドの時は

「買いのブレイクアウトトレード」だけ

やってれば、面白いほどに儲かる。

 

「相場で負けるやつがいるなんて

 バカじゃねーの?ギャハハ」

 

と思ってしまうほどカンタンに利益を

上げることができる。

 

相場が一本調子で永遠に上げ続けて

くれればいいのだが、残念ながらトレンドの

終わりは必ず来る。

 

そうするとどうなるか?

 

あれほどカンタンだった「買いのブレイクアウト

トレード」が全く機能しなくなる。

 

「買ったらスグ損切」

 

「買って利益が乗っても利益確定の

 ポイントまで届かず反転して損切」

 

こんなトレードが多発する。

 

「あれ?おかしいな?何でだろ?」

 

って思っているうちに今まで手にした

利益以上の損失が発生する。

 

損失を避けるためにはどうしたらいいのか?

 

「買いのブレイクアウトトレード」を

やらなければいい。

 

トレンドが終了したのを確認したら

トレンドに強い手法を使わないということ。

 

「じゃぁ、トレンドが終了した後は

 どんな手法を使えばいいの?」

 

トレンドが出ていない時に強い

トレード手法を使えばいい。

 

例えば、レンジに強いトレード手法を

使うといったことだ。

 

暑い日には冷たい食べ物を売って儲ける。

寒い日には暖かい食べ物を売って儲ける。

 

トレードも同じように考えればいい。

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

トレード初心者が圧倒的に気づいていない問題。最短で相場攻略する秘訣

トレードに挑む多くの初心者が圧倒的に

気づいていない問題がある。

 

「必死になってトレードしたのに、

 やってきた全てがムダだった」

 

後になってそんな状態にならないよう

最初に知っておいてほしいことがある。

 

トレードでお金を稼ぐためには、

『あなた自身の気持ち』が一番大切。

 

あなたがトレードを始めたばかりなら

トレードがどういうものなのか全く理解

できないでいるだろう。

 

しかし、安心してほしい。

 

これからお話しすることを、あなたの頭に

インプットすれば、遠回りすることなしに

相場を攻略することができる。

 

あなたはこれから色々な雑誌やブログを

見て回り、「テクニカル分析」というものが

必要なんだなと気づき始めるだろう。

 

「他人のやり方、勝ってる人のやり方って

 どんなものなんだろう?」

 

トレード手法ばかりが気になることだろう。

 

もちろん、トレード手法は大切だ。

 

「トレード手法なしでお金を稼ごうと思ったら

 一生叶わない」と言っても過言ではない。

 

しかし、それよりも大切なのがあなたの気持ち。

 

いくらトレード手法を学ぼうとも、あなたの

気持ちを無視していたら、いつまでたっても

相場から搾取され続けてしまう。

 

あなたの気持ちを無視していたら、

解決できそうもない悩みと遭遇してしまう

 

・ピンポイントでエントリーできない。

・損切すべきところで損切できない。

・利益確定すべきところで利益確定できない。

・見逃すべきところを見逃せない

 

全てあなたの気持ちを無視することが

原因で起こる。

 

「あなたがどういう気持ちでトレードして

いるか?」に、注目するといい。

 

「入るのが怖いと感じたから入れなかった」

 

その後の相場はどうなったか。

 

「利益を確定させようと思ったけど

 もっと伸びるかな?と思い保有し続けた」

 

その後の相場はどうなったか。

 

あなたの感情を、綿密に見ていくことで

余計なまわり道をせずに相場から現金を

引き出す方法を見つけることができる。

 

相場の本質的な部分をよく考えておくことが

とても大切だ。

 

本質的な部分というのは「感情でトレード

するとお金がドンドン減り続ける」ということだ。

 

苦痛を抱えたままいつまでトレードするつもりだ?手法通りにトレードするために

トレード手法を持っていて

「トレード手法通りにトレードしよう!」と思うのだが

 

いざチャートを目の前にすると、苦痛な表情

頭の中は真っ白。

 

トレード手法のことなんか

きれいさっぱり忘れてしまう。

 

レートが上昇すれば

「これは買いだ!」と思い込んで

買ってしまう。

 

レートが下降すれば

「これは売りだ!」と思い込んで

売ってしまう。

 

「損切だけはしよう!」

そう心に決めていたのに

実際に損切になってしまうと

「くっそ~!」

 

悔しくてドテン。

 

ドテンを繰り返した結果

損が膨らんでしまう

 

「はぁ、今日もとんでもないトレードばかりだったな・・・」

どうにもならない状態で

トレードを終了する。

 

※ドテンとは持っているポジションとは逆の

ポジションをスグに持つこと。

例)売っていたが決済してスグに買いを入れる。

強引な取引でドテンして損失が増えることが多い。

 

さて、こんなあなたの行動を解決するには

どうすればいいだろうか?

 

この場合、色々な方向から

解決する策を練る必要がある。

今日は一つの視点から考えてみよう。

 

 

とにかく儲けたい、お金を稼ぎたい、ただそれだけ

トレードをする目的は

『お金を稼ぐこと』

 

だから、「稼ごうと思ってトレードする」

あなたがこう思うのは当然!だ。

 

しかし、「稼ごう!」と思ってトレードすると

最終的には必ず負ける。

 

なぜか?

それは、稼ぐことしか考えていないから。

 

トレードではまりやすいワナの一つだ。

 

そもそもトレードで稼ぐというのは

他人のお金を奪い取る行為である。

言葉は悪いが、事実だ。

 

で、他人というのはバカではない。

あなたと同じような考えをするし

あなたと同じような行動をとる。

 

あなたと同じようなというのは、他人もまた

「お金を稼ぎたい!」

と思っているということだ。

 

他人のお金を奪い取る必要があるのに

あなたは他人と同じような考え方をしている。

 

あなたが根本的に間違っているのはこの部分だ。

 

ここをまずはしっかりと認識することから

始めるといい。

 

あなたが「ここはっ!チャンスだっっっ!」

と思っているところは他の人もチャンスだと思っている

 

あなたが「ここはっ!危ないよな・・・」

と思っているところは他の人も危ないと思っている。

 

だから、他の人からお金を奪い取るには

あなたがチャンスだと思うところを

チャンスだと思わないようにする。

 

あなたが危ないよなと思うところを

危ないと思わないようにする。

 

まずはこの部分を意識すればいい。

 

この意識が変わってくると、

本当の意味でのチャンスを

「チャンスだ!」と思うことができるようになる。

 

本当の意味での危険地帯を

「危険だな」と思うことができるようになる。

 

あなたの売買記録を見なおしてみれば

本当のチャンスでチャンスと思えているか、

本当の危険地帯で危険だと思えているかが分かる。

 

***** ↓ちょっとそこのあなた!お願い!金魚だけでも触ってみて!↓ *****


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

ウンウン唸りながらFX取引手法を確立

「FXトレード手法を確立させる時に、

さらに注意すべきポイントってなんですか?」

 

 前記事はこちら

それはだな、まず一つのポイントを教えよう。

検証しているときに、連続して損切りになった場合でも

途中で投げ出さずに、2~3年分は必ず検証するということだ。

 

「投げ出さずに?」

 

そう。

簡単なトレードパターンや、テクニカルを使って検証する場合

連続して損切りになるのはよくあることだ。

 

それなのに

「10回も連続で損切りになっちゃったから

このパターンは信用できないなぁ」と

すぐに検証をやめてしまってはダメだ。

 

 

「でもあやなさん、10回も連続で損切りになっちゃったら

そんなFX取引手法は信頼できないから使えないですよ~?」

 

そうだな。

それでも2~3年分は最後まで検証した方がいい。

 

「え~ そうなんですかぁ?」

 

 

そうだ。そして二つ目のポイント。

2~3年分の検証を終えたら、連続で損切りになっている部分と

連続して利益になった部分がわかる。

 

その部分を比べてみるんだ。

いったい何が違うのか?ということを調べてみる。

 

「ふ~ん なるほど~」

 

そうすると、

時間帯が違うとか、逆張りになっていたとか

何らかのパターンが見えてくる。

 

そこで、連続して損切りにならないように

新しく見えたパターンのフィルターをかけるようにするんだ。

 

これをすることによって

あなたが作ったFX取引手法が安定してくる。

 

 

フィルターかけまで終わったら

そのFX取引手法をさらに別の年で検証してみる

 

「げっ また検証するんですかぁ~?」

 

そうだ。

たった2~3年分の検証だと

相場が変わったときに通用するかどうか

わからないからね。

 

「う~ん たしかにそうですけどぉ」

 

少なくとも5年分ほどは検証したいところだ。

当然だが、年数は多ければ多いほどいい。

 

「5年分かぁ やる前からウンザリ」

 

ははは。確かにウンザリするな。

でもそうやってコツコツやっていくことが

あなたが技術的に成長していく部分でもあるから

やってみて損することはないと思うよ。

 

 

しばらく前の時代なら、今のように教材など存在せず、

書籍を見てウンウン唸りながら

FXトレード手法を確立させた人は多いのだから。

 

あなたが時間をかけてじっくり相場を学びたいのならば

効果的な方法だと思うよ。

 

 

「時間をかけてFXトレード手法を確立させるのかぁ・・・」

 

そう。時間をかけて。

 

 

「あやなさんもそうやって頑張ってきたんですよね!?」

 

私は、FXトレード手法を確立するのに嫌気がさして

最終的に教材から学んだけどね。

 

「え~っ そうなんですかぁ!?」

 

まぁ、自分でFXトレード手法を確立させるか

お金を出して出来上がったものを手に入れるかは

あなたの自由だから

あなたに合った方法を選べばいいんじゃないか?

 

ただし、詐欺のような教材には気をつけるように。

 

「はーい。

それじゃぁ、私はどうしようかなぁ。

FX取引手法、自分で作ろうかなぁ・・・う~ん・・・」 


 

FXトレード手法を確立する際に気をつけるべきポイント

「初心者なんですけど、FXのトレード手法を自分で確立させようと思ってるんです」

 

「FXではトレード手法を確立させることが大事ですよね!あやなさん!」

 

うん。確かにその考えは素晴らしい。

FXトレードで利益を上げるには

まずはFXトレード手法を確立させておかなければいけないね。

 

FXトレード手法も確立していないのに

いくらトレードしたって利益を上げ続けることはできないからね。

 

「ですよね~!だから、今日はあやなさんに

FXトレード手法の確立方法を教えてもらいたいんですー!」

 

そうか。だったら私が考えていることを

あなたにお伝えしてみることにしよう。

 

で、まずお尋ねするけれど

なぜあなたはFXトレード手法を

あなた自身で確立させようと思ったんだい?

 

「う~んと それはですねぇ

初心者用のFX本に書いてあったからなんですー

『まずは、トレード手法を作ろう!』って。」

 

うんうん、なるほど。

確かに初心者のために向けたFX本には

『自分にあったFXトレード手法を作ってみよう』と

書いてあることがあるね。

 

「そうですよねー だから私、

FXトレード手法確立にチャレンジしてみようと思って!!」

 

その考えは素晴らしいね。

良い向上心をお持ちだと思う。

 

でも、少しだけ立ち止まって考えてみないか?

 

「え?立ち止まって考えてみる?」

 

そう。FXトレード手法を確立させるためには

何が必要かってことをまずはよく考えてみよう。

 

あなたはまだ知識が少ない初心者だ。

知識も経験もないあなたが

その状態でFXトレード手法を作ったらどうなるだろう。

 

「う~ん ちょっとよくわからないですー」

 

うん。じゃぁそのまま聞いてみてくれ。

 

例えば素晴らしいアイデアとか今までになかったアイデアを

あなたが考え出すのはまず無理だよね。

 

「そうですねー 確かにそれは無理です」

 

となると、チャートパターンや簡単なルールを検証することになる。

 

「そうそう! それです! それを聞きたかったんです!」

 

となれば、まずは2~3年分の過去のチャートから

一つのチャートパターンでどのくらい利益を上げられるのかを

把握しておく必要がある。

 

これは一つのチャートパターンにつき、

2~3年分検証するということだ。

 

「2~3年分ですかー? まぁ、できそうかもです」

 

ここには感情を入れる必要がないから

数値やラインだけを見て検証することになる。

 

検証が終了したらトータルで利益がでているかどうか確認する。

利益が出ていない場合は、その時の相場にあっていない可能性もあるので

さらに別の年のチャートを引っ張り出して検証してみる。

 

「あれ。これで終わりじゃないんですね?」

 

うん。そうだ。

最終的に通用する年が見つかれば

そのような相場になった時に通用する手法として置いておく。

 

通用しなかった年はどうするかといえば

他のチャートパターンを試してみる。

 

「え、別にまた検証するんですかぁー?」

 

そうだ。トレードには根拠が必要だから

自分で信頼できるまでトコトン検証する必要がある。

 

同じように試して通用する年が見つかれば

そのような相場になった時に通用する手法としておく。

 

「えー ちょっと待ってください!

えーと 一つのチャートパターンを2~3年分検証して

そのチャートパターンで利益の出なかった年は

検証したチャートパターンとは別のチャートパターンで

検証して・・・・・

う~ん 頭がこんがらがってきちゃった!」

 

こんがらがってきている時に申し訳ないが

さらに検証しているときにおちいってしまいやすい

注意すべきポイントがある。

 

それはだな・・・長くなったので次回の記事でご紹介しよう

 

「えー あやなさん、ひっぱりますねぇ」

 

ごめんごめん、そういうワケではないんだが

いっぺんにたくさん言ってもこんがらがるだけだろう?

 

「えへ そうですね。私もうすでにこんがらがっちゃったし。」

 

今日のポイントとしては

 

・一つのチャートパターンにつき

まずは2~3年分の検証が必要。

 

・そのチャートパターンが通用しない年があれば

別のチャートパターンでその年を検証しなおしてみる

 

この二点だな。

 

そしてさらに、これ以上に注意すべきポイントを

次回の記事でご紹介する。


 

手法さえあれば勝てるのに

勝ってる人が一体どうやって利益を上げているのか知りたい

効果のある取引手法やルールを知りたい

 

こう考える人は多いと思う。

 

私も最初はそういう風に考えていた。

 

勝てる手法さえあれば

自分もそれを真似して

利益を上げることができるだろうから。

 

エントリーするタイミングを知れば、

損切りする場所が分かれば、

利益確定するタイミングが分かれば・・・

自分だって勝てるのに!!

 

 

 

本当にそうだろうか?

 

 

 

勝てる手法は隠されていて、

それらを知らないから勝てないのだろうか?

 

 

 

前もって決めていた損切り位置で

躊躇せずに損切ることができない

 

前もって決めていた利益確定方法で

利益を確定させることができない

 

手法がわかっているのに、ルールを守れないのは

自分に原因があるからとは考えないのだろうか。

 

 

 

何か方法があると思うから、

 

違う方法を試さないとだめかもしれない

他の人はどうやって利益を上げているのだろう

このブログの人はこうやって利益を上げている・・・

こっちのブログの人はこういう風にやっているのか・・・

 

で、ブログ巡りを死ぬほどやって

得られたものはあるのか?

 

他人の結果に翻弄されて、

何か得られるものがあったのか?

 

一体どれだけの時間を

ブログ巡りに費やしているのか

認識しているか?

 

 

 

余計な情報はもう見ないほうがいい。

私のブログも含めて。

 

 

 

一つの手法を持っているのならば

それだけに専念すべき。

 

他の情報を入れてはいけない。

 

必要なのは自分がどういった決断、

行動をしたのかを

しっかりと把握すること

 

自分の行動を見つめ、

その結果を受け入れる。

 

言葉にすれば簡単なことだが、

いざやってみると目を背けたくなる。

 

自分と向き合うことがつらくて、

放棄してしまう、

そのほうが楽。

 

 

でも、そこを乗り越えることができれば

想像以上のものを手に入れることができる。

 

しかし、ほとんどの人はできない。

 

 

ほとんどの人ができないことを、

自分は乗り越えてやろうじゃないか!!

と思わないか?

 

 

参考記事:情報を得て知識を増やす

 

最近の投稿
カテゴリー
カレンダー
2019年11月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
免責事項

ページの先頭へ