トレードルール(売買手法)があっても勝てない理由

前回の記事の続き

 

もっとラクに考えるというのが

どういうことかって言うと

 

トレード、デイトレで利益を出すには

まずトレードルールが必要。

(トレードルールとは売買するときのルールのこと)

 

多くの人は「トレードルールさえあれば誰でも

利益を出せる」と考えがちだけど

ルールがあっても稼げていないことはよくある。

 

しかも、かなり勉強してる人ほど稼げない、

知識があるほど稼げてないっていう事実があって

 

だから「トレードルールさえあれば稼げる」

は、考え方としておかしいわけだ。

 

しかも、「相場が上がっていれば買えばいい

下がっていれば売ればいい」ってだけのことなのに

それがことごとく外れることがあって

 

「買うか売るか」の2択なのに確率的に

ありえないくらい連続して負けたりするわけ。

 

これはもう根本的に考え方そのものがおかしい

としか思えないよね?

 

負けるほう負けるほうに判断が偏っていて

「なんであんな判断をしたのかな?相場はハッキリと

 上昇していたのになんで売りばかりしたのかな?」

ってなっちゃってる。

 

チャートを見れば一目瞭然なのに

トレードの最中はそれが全く見えなくなってる

ってのが頻発するんだ。

 

そういう時に考えているのは

「どこがチャンスかな?大きく取れるのは

 どのポイントかな?確実に利益になるのは

 どこでエントリーすればいいのかな?」

 

利益を取ることばかりに注目してたりする。

 

だから、これをもっとラクに考えるように

するといいわけだ。

 

「トレードしちゃダメなポイントはどこかな?」

ってことだけに集中する。

 

買うか売るかの50%の確率だとして

不正解の可能性が高い部分を見つけて

それを避ければ、自動的に正解の高い部分を

選びやすくなるはずだよね?

 

正解を、自動的に50%以上の確率で

当てやすくなるよね?

 

それを繰り返していけば、最終的には

自動的に利益が出るトレードができるはずだよね?

 

まぁ、実際にはやっぱり損はしたくないし

損することでお金が減っていくのを見ると

不安になるし怖いと感じると思う。

 

それで、なんとか勝ち続けたい、

負けを避けて勝ちばっかりでいきたい

って思うかもしれないけど

それだとうまくいかないんだよね。

 

だから、根本的な考え方を変えたほうが

スムーズに利益を出しやすいわけだ。

 

これは精神を鍛えるとかそういうことじゃなくて

考え方そのものを変えるということ。

 

考え方を変えるにはどうすればいいかっていうと

身の回りの環境を変えていけば自然と変わって行く。

 

ルールを紙に書き出しておくっていうのも

一つの有効な方法だ。

 

「なるほど、環境を変えて自然と考え方を

 変えて行けばいいわけですね。

 それはそうと、具体的なトレードの手法について

 そろそろ教えて欲しいんですけど・・・」

 

では、次回、具体的な手法について説明していこう。

お楽しみに!

デイトレでツールを使ってもうまくいかない理由

前回の記事の続き。

 

デイトレ、トレードで利益を出すのは

思っているほど難しいことではなくって

ヤルことさえヤっておけば利益は出せる。

 

「今までさんざん検証してきたのにうまくいってない」

という場合でも、それはやり方がズレていただけで

正しいやり方さえ行えば2~3ヶ月でうまくいく。

 

だから、あなたが「自分にも利益が出せるように

なるのかな?」と不安になる必要はないんだよね。

 

「それはツールを使うからその通りにトレード

 すればうまくいくということなんですか?」

 

そうではない。

ツールとか自動売買とか自動サインというのは

誰でも皆同じタイミングで同じトレードができると

思いがちなんだけど

 

実際やってみるとわかると思うけど

ある一定のやり方をそのときの相場に当てはめて

トレードするから

 

相場の状況がいきなり変わったりすると

それに対応できなかったりする。

 

たとえばここからここまでの範囲で

価格が動いているとした時に

 

それに対応したやり方なら

うまく利益を出せるんだけど

 

その範囲を超えてしまうと途端に損が多発して

対応できなければ儲からなかったり損ばかりになる。

 

それを考慮して資金を入れるならかなり小さな

リスクしか取れなくなるから

結局あまり儲からないとなってしまう。

 

ツールを使わずに自分で判断できれば

相場の状況に合わせて戦略を変えられるから

 

ある程度のリスクも取れるようになって

儲かる金額も大きくなる。

 

結局、ツールを使うとしても

自分で相場の状況が判断できないと

ダメだということ。

 

それから、ツールを使ってもカンタンには

稼げない理由はまだあって

 

ツールが上手く通用しなくなったときに

どこまで信用できるか?ということ。

 

ちょっと上手くいかなくなって

それが想定内の範囲だったとしても

 

本当に想定内の範囲なのか?

本当は通用しなくなったんじゃないか?

って疑心暗鬼になって

 

絶えられなくなって停止させるとか

ルール以外の事をやったりするとか

そういうことが起きたりする。

 

相場の状況を判断できなかったら

どういうツールを使えばいいのかもわからないから

手に入れてもしょうがないものを買ってしまったり。

 

「ツールを手に入れてトレードすれば

 うまくいくかもしれない」と考えるのは

物事の一部分だけを見て判断してしまってるって事。

 

「じゃぁ、どうすればその相場の状況を

 うまく判断できるようになれるの?」

 

たとえば、人の顔を見て美人だな、カッコイイなと

見分けることがあると思うんだけど

 

「じゃぁ何でこの人は美人なの?」と聞かれたら

答えるのに戸惑うと思うんだよね。

 

「目がぱっちりしているから」と言っても

目がぱっちりしていても美人に見えない人もいるし

目がぱっちりしていなくても美人に見える人はいる。

 

ある人にとっては美人と感じても

別の人にとってはそうでもないと感じたりもする。

 

それと同じように、相場を見てここがチャンスだ

チャンスじゃない、今はトレードしやすい相場だ

という感覚は自分で実際にやっていく必要がある。

 

それで、自分が「美人かな~」と感じた人が

自分以外の人も「美人だね」と70%が判断して

くれればいいとか

 

自分以外の人の9割が美人だと判断してくれなくても

自分が「カンペキな美人だ」と断言できる人を

見つけられればそれでいいとか

 

そうなったら最終的に自分に利益が残るようになる。

 

そのくらい、もっとラクに考えたほうが

利益が出せるようになるということ。

 

「確かに、ラクに考えたほうが利益が出せるなら

 そっちの方がいいですよね。」

 

「ラクに考えたほうがいいって言うことを

 もう少し詳しく知りたいんですけど?」

 

それについてはまた次回お伝えしよう。

お楽しみに!

 

 

知り合いは皆FXで失敗~未経験ド素人のあなたへ~

「知り合いは皆FXで失敗してる」

「資金を失った人しか知らない」

という人は断然多い。

 

確かに、FXで損するだけではなく

塾や教材を買っても上手くいかない人は

たくさんいるだろう。

 

だからこそ最初に大切になるのが

破産を避けること

 

このポイントさえ押えておけば

未経験のド素人でも稼げるし

資金を溶かしてきた人でも稼げるようになる。

 

時間がなかったとしても

年齢にも関係なく

トレードを自分のものにする方法はあるわけだ。

 

FXを全く知らない場合は最初に

不安になることもあるだろう。

 

「レバレッジとかよくわかんないし何か怖い」

「損してしまうんじゃないの?」

「借金することになるんじゃないの?」

「破産するハメにならない?」とか。

 

FXではレバレッジという仕組みがある。

 

証券会社に入金している以上のお金を

運用できる仕組みだ。

 

これは、しっかり準備しておけば

危険なものではないし、逆にあなたにとって

有利な仕組みでもあるわけだ。

 

その仕組みを上手く使って

破産せずに資金を増やしていくことができるし

きちんと取り組んでさえいれば破産は避けられる。

 

FXで負け続けて破産する人もいるかもしれないけど、

だからといって全ての人にとってFXが怖いものでは

ないってこと。

 

コンロが原因で毎年何千件も火事になっているから

コンロがダメなのか?というとそうではなくて

使い方に気をつければ事故は防げるわけで

 

同じようにFXでも「これはやっちゃダメ」

ってことをきちんと守ってさえいれば

危険を犯さずに利益を出せるようになるし

それほど危険なことでもないわけだ。

 

「なるほど。でも取引方法を学ぶのって

 やっぱりすごくムズカシイんでしょ?

 一日中パソコンに張り付かないと

 勝てないんじゃない?」

 

パソコンに難しいグラフをたくさん表示させて

一日中パソコンとにらめっこして

取引して稼いでいる人もいるかもしれない。

 

でもそれは一部の面で、実際には子供でも

理解できるような方法で取引することは

できるわけだ。

 

だからといって誰でも

勝てるようになるわけではない。

 

当然のこととして毎日しっかり練習して

スキルを身につけていく必要があるんだよね。

 

どういうスキルが必要かっていうと

具体的には取引に必要なチャート

(過去の価格をグラフ化したもの)を

分析するためにローソク足というものを使う。

 

ローソク足は例えば30分毎、1時間毎

4時間毎とかに一本形成されるんだけど

それを見て、今売ったほうが得なのか

勝ったほうが得なのか判断できるようにする。

 

このローソク足が形成されるときに判断

すればいいから、1時間足を使うなら

1時間に一回チャートを見ればいい。

画面にへばりつかなくてもいいってこと。

 

「1分足を使いたい!」って時は1分毎に

見ることになるけど、好きな人は張り付いて

それをすればいいってこと。

 

「私は仕事をしているから休憩時間にしか

 スマホでチャートを見れない」という場合は

4時間足をメインにした取引をすれば

5分の隙間時間で取引できるんだよね。

 

それで、現実的にどのくらい利益が出せるか

っていうと、

 

FX取引を全くの未経験から始めても

取引の方法さえ覚えてしまえば

元手50万円から始めて

一週間で20万円の利益は出せる。

 

ギャンブルのような取引をせずに

破産のリスクが少ない方法でも

このくらいの結果は出すことができる。

 

じゃぁどうやったらそんな結果が

出せるようになるの?ってことだが

やるべきことは難しいことではない。

ただ、やる人が少ないだけ。

 

例えば、今週どういうことを問題にして

それをどう改善させるかの目標を決めて

どういう方法でそれをやるのかというのを

しっかり記録する

 

この週は負け越して5万円の損だった、

今週は勝ち越して23万円勝ったとか

そういう風に記録をつけていく。

 

仕事が忙しくて真夜中に帰ってくるとしても

こういった記録は絶対に欠かさない。

 

それから、トレードで色々と失敗する

根本的な原因には共通点がある。

チャンスでエントリーできないとか

損切できないとかルールを破ってしまうとか。

 

これは、考え方がトレードに適していないから

そうなるわけだ。

 

誰かに認められたいからトレードしてるとか

自分の凄いところを見せ付けてやりたい

アイツを見返してやりたいと思ってるとか

 

まちがった考えを元に行動してるから

トレードスキルを身につけるのが苦痛だったり

楽しくないと感じてしまうわけだ。

 

だからスキルが身に付かない。

 

トレードに絶対的な正解を求めてしまう

姿勢もうまくいかない原因の一つ。

 

ものの見方がトレードに必要な見方じゃないと

インジケーターに頼って上手くいかなかったり

カンタンな相場を難しく見てしまうわけだ。

 

「じゃぁ、どういうものの見方を

 していけばいいの?」

 

ということだが、次回の記事

具体的な内容に入っていく。

 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

ブログランキング卒業!
応援してくださって
ありがとうございました

FX女性投資家
2位獲得!

lanking.jpg



FXデイトレード
3位獲得!

lanking.jpg


 

初心者専用

FX取引の始め方
メルマガに登録する

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ