FXの勝ち方にはコツがあった!勝てない理由と3つの対策

あるおもしろい実験の話。

 

成績レベルが同じ大学生を二つのグループに分けて

 

A:強烈に面白い人気映画
B:たいくつな風景映画

 

をそれぞれ見せた。

 

映画を見終わって全員にテストを受けさせると
Aを見た学生達だけ成績がわるくなったという。

 

つまり、ある状況下に置かれると人間の知能は
低下する
ってことが分かったわけだ。

 

あなたはこんなことで悩んでいないだろうか?

 

・デモ取引では勝てるのになぜ本番で勝てないのか?

・なぜこんなところでエントリーしたのか?

・小さな利益でスグ確定させるのはなぜ?

・スグに損切できず塩漬けさせてしまう・・・ etc.

 

こうなってしまうのには理由があった!

 

知能が低下した状況で判断してしまっている

 

トレード中に焦ったり、過大な期待をしたり
怒ったり、恐怖を感じたり、悲しくなったり

 

そういう感情が大きくなればなるほど
あなたの知能は低下しまくっている。

 

知能が低下した状態では理論的に考えられない、
正しい判断ができるワケがないのだ。

 

■感情を抑える効果の高い3つの対策

 

=============
・賭ける金額を少なくする
=============

 

「これで損切になったら後がない!」

 

そんな状態では感情が揺さぶられまくって
正しい判断はできないだろう。

 

「損切になっても痛くもかゆくもない」
くらいの金額で勝負すればあなたの頭は
常に冷静だ。

 

================
・明確なトレードルールを採用する
================

 

「20pipsで利益確定!20pipsで損切!」

 

言い切れるくらいの明確なルールを採用する。

 

感情がゆさぶられても自分がどういう行動を
すればいいのか明確ならまちがった行動を
止められるはずだ。

 

===================
・チャートからいったん離れリフレッシュ
===================

 

「思わぬ方向に相場が動きだして慌て始めた」

「損切で失った利益を取り返そうと焦り始めた」

 

こういうサインに気づいたらチャートの前から
スグに離れる。

 

気持ちをリフレッシュさせれば焦った状態から
抜け出し、正しい判断でトレードを続けられる。

 

『人間は感情が揺さぶられると知能が低下する』

 

このことを知っておきさえすれば、もしあなたが
感情をゆさぶられる不利な状況に遭遇しても

 

「今私は危険な状況にいるな」と客観的に

自分自身を見ることができるだろう。

 

「私が一番やるべきことはこの状況から離れることだ」

 

そうすればあなたは常に正しい状態を保て、
正しい判断を下せる状況を作り出すことができる。

 

正しくトレードできるから順調に
利益を増やすことができるだろう。

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

FXトレード初心者が最初に必要なもの

「なるほど、今は価格がドンドン

 上がり続けている上昇トレンドか。

 ならば、買いで入った方が良さそうだな」

 

FXトレード初心者でもチャートは一生懸命

見ているし、ニュースだってチェックしてる。

 

エントリーポイントは、本で調べた

「トレードするための法則」を

きっちり守っている。

 

自分なりのタイミングを計って「ココだ!」と

エントリーポイントを決めている。

 

だけど・・・いつのまにか勘に頼った

トレードをしていることがよくあった。

 

たぶん、明確なトレードルールがないからだろう。

 

「でもさ、12連勝したことだってあるんだよ!」

 

トレードは二つに一つだ。

『売りか買いか』

 

運が良ければ連勝の経験も珍しくはない。

 

だが残念なことにビギナーズラックが

永遠に続くことはないだろう。

 

「おかしいな、先週は連勝してすごく儲かったのに

 今週はなかなか勝てない。」

 

「あれ?先週は何を守っていたっけ?

 同じようにしているつもりだけど

 何かが違う・・・」

 

「だめだ、トレードすればするほど

 負けてばかりで、どうしたらいいのか

 さっぱりわからなくなった・・・」

 

こんな私に必要だったのは、

明確なトレードルール

 

いつでも同じ目線でチャートを見る

何らかの明確な基準を持つ必要があった。

 

例えば、チャートにテクニカル指標を

表示させて、数値や形をみて分析

できるようにすることだ。

 

もし、あなたがトレードで迷うことがあれば

自分のトレードルールが明確かどうか?を

チェックしてみるといい。

 

次回のお話

トレードルールってどんなもの?

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

FXで失敗続きだった理由は・・・(損切のお話第6話)

『気持ちいいと感じるポイントで

 損切していたから失敗した』

 

塩漬け、損切貧乏を経験した後に

私がたどり着いた結論だった。

 

第1話

第2話

第3話

第4話

第5話

 

『身勝手なトレードがあなたを貧乏にします』

 

自分が身勝手なトレードをしているとは

一ミリだって考えたことはなかったけど

トレードするほど負け続けてしまう。

 

最終的に、私は自分の考えを

否定するしかなかった。

 

「私は身勝手だったのだろう」と

考えざるを得なくなっていた。

 

「じゃぁ、一体どこで損切をするのが

 正しい損切なんだろう・・・?」

 

『お金を稼ぎたいとかトレードでいつも

 勝っていたいという考えを捨てましょう』

 

今まではあまり耳を貸さなかったが

しぶしぶながら、なるべく素直にこの

アドバイスに従ってみようと思った。

 

「えーと、このポイントで買いエントリーするとして

 損切はどのポイントになるかな?」

 

冷静な頭でよーく考えてみる。

 

「買う理由は今は上昇トレンド中だから。

 損切する理由は、上昇トレンドが否定

 された時になるのかな・・・?」

 

「ということは、○分足の上昇トレンドラインを

 下抜けしてしまったら、トレンド終了と見て

 そこを損切ポイントにしよう。」

 

冷静な頭でよく考えたトレード計画だったが

このトレードは残念ながら損切に終わってしまった。

 

「あーあ、うまくいかないなぁ。本当に

 このやり方が正しいのかな・・・」

 

あきらめ半分の惰性で続けている

トレードのようだった。

 

『10~20回のトレードをして

 総合的に判断しましょう』

 

「こんなトレード、10回も20回も続けられるかな・・・

 でも、もう他に方法も思いつかないし。。」

 

それから数回の損切が続いた後

ようやく利益の出るトレードができた。

 

「あっ、珍しく利益のトレードになった!

 ワーイ(^^)」

 

久しぶりのプラストレードでうれしくなった私は

そのトレード記録をずっと眺めていた。

 

「『儲けたい』とか『どうしても勝ちたい』って

 考えていたトレードをしていたら、このトレード

 は小さな損切か小さな利益で終了させているな」

 

「今回は、ちょっとした押しをガマンしても

 損切にはかからなかった。」

 

「決めた損切ポイントまで落ちてくるまでは

 決済しないでおこうって持っていたら

 逆にドンドン利益がふくらんでいってる。」

 

このトレード中はずっと、今にも損切に

かかるんじゃないかとビクビクしていたのに。

 

自分の考えとは全く逆の『利益を出す

トレード結果』を手にできたことにおどろいた。

 

損切になるのを怖がったり、

利益になるのを期待するのは

あまり意味がないのかな、と思った。

 

感情と、実際の行動を切り離す

この感覚に初めて触れた瞬間だった。

 

次回に続く・・・

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

1 / 1212345...10...最後 »
 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

lanking.jpg


FX女性投資家
2位獲得!


lanking.jpg


FXデイトレード
3位獲得!

 

初心者専用

FX取引の始め方
メルマガに登録する
ブログランキング卒業!
応援してくださって
ありがとうございます

効率的に検証

トレーダー必須ソフト
Forex Tester3
ラインを引きまくって
基礎力をつける!

カテゴリ一覧

サイト内検索

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!
最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ