相場の環境認識が5分足のエントリータイミングを精密なものにしてくれる

「5分足でタイミングをとってエントリーしているのに

 なかなかうまく伸びてくれないんだよなぁ」

と、こんな状態になったことがあるだろうか。

 

あるいは、

「よしっ ここがエントリーするのにいいポイントだ!」

そう思ってエントリーした途端に反転・・・

こんなことがよくあるだろうか。

 

成功か失敗か

 

こんな状態が続いているのであれば

もしかするとあなたには環境認識の力が

足りていないのかもしれない。

 

 

環境認識というのは、カンタンに言うと

相場の流れをおおまかに判断することだ。

 

「上昇している相場なのか?」

「下降している相場なのか?」

「トレンド相場なのか?レンジ相場なのか?」

 

こういったことがはっきりと認識できないと

 

「エントリーしても利益を伸ばせない・・・」

「エントリーした途端に反転・・・」

 

という状態によく出会ってしまうことになる

 

 

相場の環境認識とは別に

細かなエントリーのためのテクニカル分析

というのがある。

 

 

細かなエントリーのためのテクニカル分析というのは

 

移動平均線にタッチしたから、エントリーする!

高値を越えてきたからエントリーする!

 

といったような、タイミングを図るための分析のことだ。

 

 

相場の環境認識とは、大きな目線

エントリーのためのテクニカル分析とは、小さな目線

というふうに考えるとわかりやすいだろう。

 

 

この相場の環境認識力が高ければ高いほど

 

「エントリーした瞬間から利益が発生する」

 

という状態によく出会うことができるようになる。

 

 

ちなみに、相場の環境認識力が高ければ

どんなトレード手法でも

わりとカンタンに使いこなすことができる。

 

相場の環境認識さえしっかりできれば

一つのトレード手法が機能しやすいのはどんな相場か

機能しにくいのはどんな相場か、ということを

スグに判断することができるからだ。

 

もし、あなたがポジポジ病を患っていたり

トレード手法は持っているのに、スグ損切に引っ掛かる

エントリーしても利益がうまく伸びてくれない

という状態であれば、もっと大きな目線で相場を見る、

つまり、相場の環境認識を意識してみるといい。

 

 

※ポジポジ病とは、チャンスでないのに

 トレードしないと我慢できない状態になること。

 ポジションを持っていないと落ち着かない状態。

 

 

相場の環境認識力をつけるにはコレ!↓↓

 

最速で専業レベルを目指す特別プロジェクト

⇒最短で相場の環境認識力を身に付ける方法

↑↑クリックで今スグ確認できる↑↑

 

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

どんな相場でも勝つために必要なのは相場の環境認識

「どんな相場でも勝つことができたらなぁ」

 

私は以前そんな願いを持っていた。

 

レンジ相場、トレンド相場

レンジとトレンドが入り混じった相場

全く動かない相場・・・

 

相場の状態にはいくつかのパターンがある。

そのパターンの組み合わせと

いくらかの『行き過ぎ』で相場は成り立っている。

 

 

だから、どんな相場でも勝つことが大切だ。

 

 

あなたは、どんな相場でも勝つことができているだろうか。

 

レンジ相場だけなら、勝てる

トレンド相場だけなら、勝てる

 

もしこんな状態でも、苦手な相場で休むことができるならいいが

「いつまで取れない相場が続くのだろう」

そう不安になって思わず苦手な相場に手を出し

無計画なトレードで損失を出してしまう可能性が高い。

 

 

そして、それがきっかけで

大きくトレードが崩れてしまい

多くの資金を失ってしまう可能性が出てくる。

 

 

だから、『どんな相場でも勝つ』

という技術を身に付けることは

あなたにとって非常に大切だ。

 

 

ところで、どんな相場でも勝てるようになるためには

一体何が必要なのだろう。

 

それは、今の相場の状態がどんな相場なのかを

しっかりと区別し、判断することができることが必要だ。

 

 

いわゆる相場の環境認識というものだ。

 

 

「相場の環境認識ができる」とは

単純に日足が上昇しているから

『上昇トレンドなんだな』

ということだけではなく

 

 

・上昇トレンドだけれども

 そろそろ調整や反転のポイントとなりやすい状態に

 近づいてきているな

 

・ここを越えたら更に大きく上昇しそうな

 ポイントを抜けてきたな

 

・大きく下がってきたけれど、反転して上昇しやすい

 押し目のポイントに入ってきたな

 

 

といったように

相場の状態をしっかりと認識し

判断できることを言う。

 

 

この相場の環境認識がしっかりできていれば

 

このトレードでは利益を伸ばすことを

優先したほうがいいな

 

このトレードでは無理をせず

利益を早めに確定させておいた方がいいな

 

というふうに判断できるようになる。

 

 

要するに『相場の環境認識』とは

どんな相場でも勝つために必要な

根っこの部分になる、ということだ。

 

私はこの相場の環境認識をしっかり身に付けることで

どんな相場でも利益を上げることができるようになった。

 

どんな相場でも勝つために

相場の環境認識は非常に大切だ。

ということを、頭の片隅にでも覚えておくと良い。

 

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****

 


 

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

FXで勝つために必要なことをまとめてみた。1

 

トレードを始めてから勝てるようになれるまで

その過程を軽くまとめてみた。

 

ブログランキング

にほんブログ村

 

 

第一のポイント 相場の環境認識

最初に必要なのは『相場の環境認識』をすること

 

『相場の環境認識』というのは

今の相場がどんな状態なのかを認識するということだ。

 

上昇しているのか、下降しているのか、それともレンジ状態なのか

まずはトレンド状況をしっかり認識できる必要がある。

 

そして、相場の環境認識ができるようになってから

確立させたトレード手法を使って実際にトレードすることができる。

 

押し目を買ったり、ブレイクを狙ったりなど。

 

「トレード手法は確立しているのに

なかなか思うように利益を上げることができない」

 

もし、あなたが現在、そんな悩みを持っているのであれば

もしかすると『相場の環境認識』が欠けているのかもしれない。

 

第二のポイント トレード手法の確立

環境認識ができるようになったら

ようやくトレード手法を使ってトレードすることができる。

 

まぁ、その前に「トレード手法」を確立させる必要があるのだが

それは時間をかけて自分で作ったり、どこかで手に入れたり(ブログとか?)

商材を購入したりすればよい。

 

そして実際にデモトレードで利益が上がるかどうか試してみる。

その際に気を付けておきたいことは

 

『利益>損』 となるようなトレードをしているかどうか、ということ。

いわゆるリスク・リワードを考えておくということだ。

 

この時に『利益=損』あるいは『利益<損』となる行動をとってしまうと

永遠に利益を上げることはできないので、気を付けなければならない。

 

具体的にはどんな行動がダメなのかというと

 

・エントリー後に損切位置に来ていないのに

 ビビッて小さな損を確定させてしまう

 

・エントリー後にスグに含み損になり

 見ていたらプラスマイナスゼロのポイントまで来て

 「これ以上保有しておくことができない!」と我慢しきれずに

 建値決済してしまう

 

・エントリー後に少しだけ利益が乗って、本当ならば

 もっと利益を伸ばさなければいけないのに

 怖くなって薄利で決裁してしまう

 

こんな行動をしていてはダメだということだ。

 

なぜこんな行動をしてしまうのか?ということだが、

心理的抵抗も色々と考えられるが

その前の段階、つまり

検証時間が全然足りていないのでは?ということも忘れてはいけない。

 

ルール通りににトレードすれば、利益>損となっているので

繰り返せば繰り返すほど利益になる!(はず!)と

自信を持てるほど検証を繰り返さなければならない。

 

ここでいう検証とは、

デモで実際にルール通りにトレードした時に

最終的に確実に利益が残ることを何度も繰り返す・見直す

ということだ。

 

ここで少しブレイク

トレードの勝率について少し。

勝率は大事だけれども、勝率だけ固執してはイケナイ。

勝率90%なのに、負けるということもあるからだ。

 

まぁ、勝率が90%もあるのに負けるということは

利益<損 というトレードばかりしているか

どこかで 利益<損(かなり大きい) というトレードをしてしまっているということになる。

 

ここで気づいてほしいのは、勝率90%で負けるということは

勝率10%でも勝てるということ。

 

つまり、どこかで 利益(かなり大きい)>損 にすればいいだけの話。

 

とは言っても、『値動きを確認してエントリーする』というトレードが大部分だろうから

それほど単純な話ではないかもしれないが。

 

勝率は気にかけつつ、それほど気にしない、というスタンスが一番いい。

 

 

第三のポイント 損切の重要性

まぁ、第二のポイントに入るかもしれないが

損切を嫌がることは多いと思うのであえてテーマにしてみた。

 

基本的に、トレードは

「最終的に利益が残るであろう行動を繰り返し行う」

というものだ。

 

だから、「損切がイヤ」と考えるのは

「最終的に利益が残るであろう行動を繰り返し行う」のがイヤ

と言っているのと同じことになる。

 

今月は10回まで損切してもいい、と考えてみる。

 

10回損切する間に、1回の損よりも大きい利益をとっていく。

そうすればすべての損切を使い切る前に利益が増えて

トレードを継続することができる。

 

利益>損 という計画のトレード、あるいは

利益(かなり大きい)>損 という計画のトレードを

何度も繰り返せば、利益が残るのは当たり前なのだ。

 

だから、「損切」は計画的な損であって、必ずしも負けというワケではない

とにかくトータルで勝てればいいということだ。

 

というか、損切はあって当然、と考えるほうがいい。

 

 

少し長くなったので、他の重要事項はまた次回。

 

そういえば、こんな記事も書いてたけど。

「勝つための三つの条件」

まぁ、これよりもう少し大きな目線かな。今回は。

***************

色々とサポートの関係で、ブログ記事upの頻度を落とそうと思います。

2~3日に一度は更新したいです。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
              にほんブログ村

 

相場の矛盾を整理すると頭がスッキリ!

「相場って矛盾してますよね。

だいたい、相場でトレードする時は予想をしてはいけませんっていうけど

相場では予想しないとエントリーできないですよね?これって矛盾じゃないんですか?」

 

「相場で予想せずにどうやってトレードしろっていうの?

矛盾してる!!オカシイ!!」

 

そんな疑問を持ったことはないだろうか。

 

 

「相場でトレードする時に予想してはいけない」

というコトバを初めて知った時は不思議に感じたことだろう。

 

では予想をせずにどうやって相場でトレードするのか。

予想せずにエントリーポイントを見分けられるのだろうか。

 

一見矛盾しているようだが

これは決して矛盾しているものではない。

 

 

例えば上昇のチャートで

押し目買いのチャンスを待っていたとしよう。

 

 

ルールはつぎの通りとする。

 

 

(1)移動平均線(MA)にレートがタッチし

反発上昇してきたらエントリーする。

 

(2)利益確定はレートが前回高値まで届いたら

 

(3)損切りは移動平均線(MA)を下抜けたら

 

 

まず(1)のエントリーの前は予想をする

・移動平均線(MA)までレートが落ちて

反発すればエントリーできるだろうと予想する。

 

 

次にエントリー前に

目標設定として(2)の目標である前回高値までは

レートがたどり着くだろうと予想する

・エントリー後にレートが前回高値までたどり着く過程では

いろいろ考えても仕方ないので予想しない

 

 

そしてエントリー前に

リスク設定として(3)の損切り位置まで

レートが落ちてくるかもしれないと予想する

・エントリー後にレートが損切りの位置まで落ちてくるまでは

いろいろ考えても仕方ないので予想しない

 

 

こういう考え方になる。

 

 

つまり、エントリーするまではあらゆる可能性を

全て予想しなければならない。

ここに全力投球する。

 

 

そして、エントリーした後は

利益確定ポイントまでたどり着くか

損切りポイントまで落ちてくるか

 

誰にもワカラナイので予想しないということだ。

 

 

エントリーしたにハラハラドキドキしていないか?

 

 

予想をせずに腹をくくれ!

 

 

マインドコントロールできない最大の理由

「マインドコントロールする方法がわからないんです!」

 

マインドコントロールで悩む人は多い。

 

あなたもまたマインドコントロールについての悩みを

解消したいと思っているだろう。

 

エントリーが怖いとか損切りしたくないとか

利益を伸ばせないとか薄利決済してしまうとか

思わずポジションをとってしまうとか

 

こういった全ての感情を

コントロールする方法はないのだろうか?

 

そもそもこういった悩みはどこから発生しているのだろうか。

 

あなたは難しく考えすぎていないだろうか

相場は複雑に考えてはいけない

単純に考えなければいけない

 

たとえば単純なブレイクアウト法がある。

『高値を越えたらエントリー』というルールがあるとする。

 

これは何十年も前から使われている手法であるから

有効な手法としてあなたが取り入れることができる。

 

すでに確立された手法であるから

この手法を過去のチャートで検証する必要は無い。

 

『このブレイクアウト法は本当に通用するのだろうか?』

そんなことをいくら考えても時間の無駄。

そんなことは既に検証されているから。

 

では、ブレイクアウト法をあなたが使う場合に

一体何を検証すればいいのだろうか?

 

それは、

「どこで そのブレイクアウト法を使うのか?」

ということを検証する必要がある。

 

例えばレンジの相場つきでブレイクアウト法を使っても

連続した損切りになるだけで利益を上げることはできない。

 

しかしトレンドが出ている相場つきで

ブレイクアウト法を使ったらどうだろうか。

 

連続して利益になるだろうし

大きな利益を獲得することもできるだろう。

 

つまり、検証の目的は

「ブレイクアウト法が通用する相場つきは

どんな相場だろうか」

こんな着眼点となる。

 

ここに気づいてなければ

いくら検証しようと

たとえ何十年分検証したとしても

「ブレイクアウト法は本当に通用するのだろうか?」

この悩みから開放されることはない。

 

 

 

そして、なぜこれがマインドコントロールの悩みを

解消する方法になるのだろうか。

 

それはマインドコントロールの悩みが

こういったことが原因で発生しているから

 

こういったことというのは・・・

 

どこでブレイクアウト法を使えばいいのかわからない

⇒エントリーが怖くなる。

 

損切りしないと損が大きくなるだけというのがわからない

⇒損切りしたくないと思ってしまう。

 

利益を伸ばせる状況なのに、それがわからない

⇒利益を伸ばすのが怖くなる

 

『ここではエントリーしても利益にならない!』とはっきりわからないから

「もしかしたら利益になるかも?」と考えてしまう

⇒値動きに翻弄されて思わずポジションをとってしまう。

 

 

『マインドコントロールがうまくいかない!』というあなたの悩みは

実は

『現在の相場認識ができていない』

というのが大きな原因ではないだろうか?

 

あなたは相場認識ができているだろうか。

いまの相場がどんな状況なのかわかっているだろうか。

 

もしわかっていないのならば

相場認識を学ぶべきではないだろうか。


 

日本時間のレンジ相場でラクラクFX

『FX取引をする場合、日本時間ならレンジ相場戦略で簡単に勝てますよ』

 

こんなコトバに惑わされてはいけない。

 

一体何を基準にレンジと言っているのか。

日足を主体としたものなのか

4時間足を主体としたものなのか

5分足を主体としたものなのか

 

『日本時間はレンジ相場の動きになりやすい』

 

ホントウにそんなに単純だろうか?

そんなに単純ならばなぜあなたは勝てないのだろうか?

 

「レンジ相場だと思ったから抵抗線・支持線を抜けても粘ってしまった」

「レンジ相場だと思ったから戻ってくると思ってナンピンした」

 

レンジ相場だとおもった理由は?

 『日本時間はレンジになると聞いたから』

 

そんなトレードをしてしまうのならば

『日本時間はレンジ相場で簡単に勝てますよ』

なんていう情報は耳に入れないほうがよい。

 

日本時間はレンジ相場だから簡単♪

などと言っている人の言うことは

今後一切聞かないほうが良い。

 

たしかに、レンジ状態になりやすい時間帯

ブレイク状態になりやすい時間帯はある。

 

しかし、それは 『傾向』 であり 『絶対』 ではない。

 

「レンジの状態になった時はこうトレードする」

「ブレイクの状態になった時はこうトレードする」

 

その理由ひとつひとつを

あなたが判断できなければならない

 

「日本時間はレンジが多いと聞いたな。

確かに今は、はっきりとレンジの形をしている

これは高確率でレンジ相場だな」

 

「日本時間はレンジが多いと聞いたけれど

今はブレイクしているからブレイクに乗る」

 

こんな判断ができるような情報を得るべき。

 

『日本時間はレンジが多いと聞いたけれど

その時の相場の状態に合わせてトレードするだけ』

それがトレーダーである。

相場の三つの状況を知っているか?~テクニカル分析の重要性~

あなたは相場の状態を的確に判断することができているだろうか?

⇒にほんブログ村 (いつも応援クリックありがとうございます。

⇒ブログランキング  非常に励みになっています。)

 

相場には三つの状態がある。

・上昇のトレンド

・下降のトレンド

・トレンドがない

 

トレンドがない場合は

「こう着状態」

「レンジ・ボックス」

と呼ばれる状態に分けられる

 

では、収益を大きく上げられる状態は

どれなのかわかるだろうか?

 

そう、トレンドが出ている状態

つまり上昇トレンド・下降トレンドだ。

 

ではレンジ・ボックスでは

収益を上げることはできないのだろうか?

 

あなたも分かっているとおり、

もちろん レンジ・ボックスでも

十分収益化することはできる。

 

 

 

しかし、このトレンドが出ている状態と

レンジ・ボックスの状態

同じ手法で収益化することは可能だろうか?

 

一つの指標だけ、例えば

ストキャスティクスだけを使ってトレードする

MACDだけを使ってトレードする

 

あなたはそんな単純なトレードをしていないだろうか?

 

相場に合った手法を使わなければ

収益化することは難しい。

このことは常に頭に入れておかなければならない。

 

単純にトレードすることは大事であるが

相場はそんなに単純なものではない、

ということも意識しておく必要がある。

 

また、あなたはテクニカル分析を

きちんと習得しているだろうか。

テクニカル分析さえしっかりできていれば勝てる!

というものではないが

自分のテクニカル分析に自信がない、

というようであれば問題である。

 

テクニカル分析が重要だという理由については

・なぜそこでエントリーしても良いのか

・なぜそこでポジションをホールドしておいても良いのか

・なぜそこで損切りをする必要があるのか

・なぜそこで決済する必要があるのか など

 

こういった一つ一つの行動をする上での

重要な手がかりとなるからである。

 

トレードを行う時には、あなたの判断力が大きく影響する。

その判断の基礎となるのがテクニカル分析なのである。

 

間違った手法でトレードしていても

収益を上げ続けることは難しいということを

一つの知識として覚えておいた方が良い。

 

 

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村  ブログランキング

 

最近の投稿
カテゴリー
カレンダー
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
免責事項

ページの先頭へ