トレードで稼ぐために知っておくと有利な二つのポイント

トレードで稼ぐためにはある二つの
ことに注目しておくとスムーズにいく。

 

・相場を知る
・自分を知る

 

この二つだ。

 

相場を知るには本や教材で学べばいい。

 

でも「自分を知る」にはどうしたら
いいだろう?

 

教材には載っていないから自分で
自分を分析していくことになる。

 

「自分を知る」には「相場を知って」
から手をつけていく方が分かりやすい。

 

========
相場を知る方法
========

 

1:ボラティリティを知る
2:トレンド、レンジを知る

 

ボラティリティっていうのは
動く値幅のことだ。

 

「1日で1円動く」
「1日で10円動く」

 

1円の値幅を取りたいとき
どちらの日を狙いたいだろうか?

 

1日で10円動く日のほうが
狙いやすいだろう。

 

より大きく動く日の方がカンタンに
利益を上げられそうだってことだね。

 

どのくらい動きそうか?っていうのは
ある程度予想できるようになっている。

 

ボラティリティ(値幅)は
『ボリンジャーバンド』というテクニカルで
ある程度分析できるようになっている。

 

だからボリンジャーバンドを使う
トレーダーがたくさんいるわけだ。

 

ボリンジャーバンドの使い方を
頭に叩き込んで「今からボラティリティが
大きくなる状態になる」って時を
見つければトレードしやすいからね。

 

逆に

 

「今からはだんだんボラティリティが
小さくなりそうだよ」って時を見つけたら
トレードしない戦略を取れる。

 

ボラティリティを知る方法は
たくさんある。

 

ボリンジャーバンドはたくさんある
方法の一つということだ。

 

使う使わないはトレーダーの自由。

 

次に2つ目の『トレンドとレンジを知る』だ。

 

・利大を目指していいか
・高値、安値を追っていいか

 

っていう判断をしやすくなる。

 

トレンド中なら押し戻りやブレイクで
利大を目指すことができる。

 

レンジ中なら高値で売って安値で買い、
反転ポイントで確実に利食うことができる。

 

『トレンドってどういう動きをするの?
レンジってどういう動きをするの?』

 

これを詳しく知っておけばいいってこと。

 

トレンドなのかレンジなのか見極めるには
色々な方法がある。

 

・ローソク足で表される高値や安値の
切り上がり切り下がりを見て
トレンドの定義、レンジの定義に
あてはまっているかどうかを見る。

 

・移動平均線の方向を見て判断する

 

・ADX等のトレンドを表す
テクニカルを見て判断する

 

・上記を組み合わせて総合的に判断する

 

トレンドなのか、レンジなのかの
判断をする方法はトレーダーによって
それぞれ違う。

 

一番良い方法というものはなくて
トレーダーが好きに選べる。

 

あなたが

 

「ローソク足と高値安値、トレンドライン
だけでトレンドかレンジかを判断したい」

 

って思ったらそれを続ければいい。

 

「ローソク足と高値安値、トレンドライン
それから移動平均線とADXを使って
判断したい」

 

って思ったらそれを続ければいい。

 

目安は一つに決めておくほうが
判断しやすいってことだね。

 

いったんやり方を決めたら20トレードは
同じ方法で続けていくほうがいい。

 

そうじゃないと目安にならないからね。

 

相場を知るための2つのポイントは
わかっていただけただろうか。

 

・ボラティリティを知る
・トレンドとレンジを知る

 

どうやってボラティリティを計測しているか。

 

トレンドとはどういう状態か
レンジとはどういう状態か

 

まずはこのパターンを頭に叩き込んで
相場を分析しやすくしよう。

 

『自分を知る』については
また別の機会にお伝えしよう。

 

追伸

前回記事「飛び乗りエントリーの

高値掴みを克服」の続きは

もう少し待っててもらえるとうれしいです。

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

自殺してトレードで成功?

「トレード記録をとって見直そう!」

 

ってよく言われるけど(私も言うけど)
とってもめんどうだよね?

 

「たぶん、大事なんだろうけど」

と思うものの、実際にはやらない。

 

あなたはそんな状態になってないだろうか?

 

なぜこんなことを言うかと思うと
私がそうだったからだ。

 

「やらなきゃなんないんだろうけど
ちょっとめんどくさいし・・・

 

できればそんなことをやらないで
勝てるようになりたい(なれる!)」

 

と思っていた。

 

実はこう思ってしまわざるを得ない

一つの理由がある。

 

小学校、中学校、高校、大学・・・

 

小さいころから一生懸命勉強を
がんばってきたはずだ。

 

(私はがんばってないよという場合でも
がんばったことにしておく)

 

「色々な知識を身に付けてきた。
大抵の問題はこれまでの経験から
解決することができる」

 

そう感じているはずだ。

 

「いや、解決できていない問題は
たくさんあるんですよ。あやなさん」

 

という場合もあるかもしれないが
差し迫った危機感を持っている
可能性は低いはずだ。

 

『今までがんばってきた。
問題がでても今までの経験で
解決できる可能性が高い』

 

これが今のあなたの状態。

 

つまり、大人なら誰でも
この状態になっているわけだ。

 

そこにトレードの問題が突如出現した。

 

あなたはどうするかというと
今までの経験をフル稼働させて
トレードに挑もうとするだろう。

 

しかし、これこそが最大の問題点だ。

 

『今までの経験は全く何の役にも立たない』

 

あなたが生きてきた世界とは
全く異なっているトレードの世界。

 

問題を解決しようと今までの経験を
フル稼働させて考えても効果ゼロの
方法ばかり考えついてしまう。

 

それどころか、あなたの頭の中から
絞り出す限り正解とはドンドン
かけ離れていくことのほうが多い。

 

「トレード記録をとって見直すのは
大変だし、ちょっと面倒なんだよね。

 

それよりさぁ、もっとトレードして
経験を積んだ方がスキルを手に入れる
ことができそうだと思うんだよね。

 

トレードしているほうが楽しいし
刺激も得られる。

 

だから今日もトレードに励もう!」

 

「資金管理?うーんよくわからないことは
後回し!そのうち分かるようになるだろう」

 

「手に入れた教材はひととおり読んだよ。
あやなさんは何度も読めっていうけど
めんどくさいから結局ほったらかしに
なってるんだよね。。

 

それに、読んでもよくわからないし!」

 

こんなふうに成功とはかけ離れていく
方向にドンドン進んでしまうわけだ。

 

「それでは困ります!
正解に近づくにはいったい
どうしたらいいんですか?」

 

正解に近づくために誰にでもできる
あるカンタンな方法がある。

 

私のブログやメルマガでこの方法を
見たことがあるかもしれないが
本当にカンタンで効果の高い方法だから
いつも意識しておいてほしい。

 

『正しいやり方をマネする』

たったこれだけだ。

 

「そんなこというけど、マネするのも
とってもムズカシイじゃないですか!」

 

うん。

そう思う気持ちはとてもよくわかる。

 

他人の考えをそっくりそのまま
あなたの頭にインプットするには
あなたの経験や知識を抑え込まなきゃ
ならないからちょっとやりにくいよね。

 

正しいやり方をマネするのは
あなた自身を殺すことと
同じことかもしれない。

 

たとえ『自分を殺してがんばる!』と
思ってもあなたの脳がジャマをする。

 

「今までの経験上、そうじゃなくて
こうやったほうがいいんじゃないの?」

 

あなたの脳があなたに信号を送る

 

「今までの経験と違うことしてるから
それはキケンだよ。避けたほうがいいよ」

 

「そのやり方は大変そうだからもっと
カンタンなやり方を探そうよ」

 

という信号だ。

 

あなたは脳から発する信号を無視して
突き進まなければならない。

 

「まちがってると感じるのに
続けなきゃならない」

 

やれないことではないけど
ちょっとだけやりづらい。

 

「やってみて、結局まちがいだった」

 

っていう結果はもちろんゼロでは
ないけど、やらないでいるよりも
数十倍の効果を得ることができる。

 

正しいやり方をやってみる、マネする
っていうのはそれほど効果的な方法だ。

 

自分を殺し、寸分たがわず先生の
いうとおりやってみる、マネする。

 

これさえできればだれでも
人生の成功者になれる。

 

「トレード記録をつけて、集計して
ちょっとだけ見直してみようかなぁ」

 

っていう気になった?

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

一生勝てない訓練を知らず知らずにやってしまう恐怖

「ルール通りにトレードすればいいだけ。

 それ以外は考えるな!」

 

意を決して覚悟したわけだが

ここでギモンが沸いた。

 

「でも、今までルール通りにトレード

 してたつもりだったんだよね・・・。」

 

それがいつの間にか我を忘れ

感情的な行動に変化してしまう。

 

「はっ! これがなぜなのか分からなければ

 また同じことの繰り返しになるんじゃ!?」

 

原因はわかったのにその解決法が

さっぱりわからない。

 

私は頭を抱え、その場にうずくまった。

 

「ううう、これ以上動きようがない・・・」

 

私は一瞬にしてやる気を失い

あーあ、とため息をつきながら

ゴロンと床の上に大の字になった。

 

ふと横の棚に目をやると、トレード本が

びっしりとならんでいる。

 

「・・・ヒマだ。本でも読むか」

 

しばらく放置させていた一冊の本を

本棚の奥底からむりやり取り出す。

 

第7章~『報酬と罰』~

 

「報酬と罰ねぇ・・・この章を読んでみるか」

 

・・・・・

ルール通りにトレードするには

次のことを意識しておけばいい。

 

利益が出やすい行動に報酬を与え

損失が出やすい行動には罰を与える。

 

「ふむふむ。まぁ、今までこれを

 意識してきたんだけど、うまく

 いかなかったんだよな」

 

気づいたら無理なトレードをしているし

ポジポジ病といわれる過剰なトレードも

なぜかやらかしてしまう。

 

さらには「大きく賭けて一度に大きく負ける」

これで撃沈。

 

さらに本を読み進めると

衝撃的な内容を発見した。

 

『罰を与えたつもりでもそれが

 前向きな強化剤になることがある』

 

ん?どゆこと?

 

『罰の与え方を間違えるのは報酬を

 与えているのと同じ。

 一生勝てない訓練をしているのと同じ』

 

えええええ!?

一生勝てない訓練だって!?

もしや、私はこれにピッタンコカンカン

当てはまってるんじゃないの!?

 

一生勝てない訓練の恐ろしい内容は

こんなことだった。

 

トレードで損失を出すと、いつも口うるさい

妻が動揺するから自分は気分がいい。

 

⇒損失が報酬にすり替わっている。

 

「今週はイヤというほど大負けしたんだよね」

同僚や友人にそう伝えると「飲みでも行こうよ」

と、得られる限りの気遣いでなぐさめてくれる。

 

⇒損失が報酬にすり変わっている。

 

「今週はけっこう儲かったんだ」

同僚や友人にそう伝えると「それはよかったね」

ただそれだけ。

 

⇒利益が罰にすり替わっている。

 

報酬(損失)を得るために罰(利益)を避ける

という行動を無意識のうちに行おうとする

行動が定着してしまう。

 

で、「勝てない、勝てない」と嘆き続ける。

・・・・・

 

こ、これだ・・・

まさしく私はこの状態におちいっている!

 

そうか、私は「ルール通りにトレードする」

という本当の意味を知らなかったし、理解

できていなかったんだ。

 

しかし、この事実を知った今、

やるべきことは明確になった。

 

あとはこのシステムから足を踏み外さないよう

自分を監視して進んでいけばいいだけだ!

 

偶然手に取った一冊の本を

まじまじと見つめながらつぶやいた。

棚の奥底に眠らせといてゴメンネ。

 

参考書籍:投資の行動心理学

 

***** ↓応援して頂けるとうれしいです↓ *****


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

 

 

2 / 1912345...10...最後 »
 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

lanking.jpg


FX女性投資家
2位獲得!


lanking.jpg


FXデイトレード
3位獲得!

 

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

効率的に検証

トレーダー必須ソフト
Forex Tester3
ラインを引きまくって
基礎力をつける!

カテゴリ一覧

あやな特典請求方法

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ