トレードするタイミングがわかるようになるには

「トレードするタイミングが

 もっとわかるようになりたい」

って悩んだりすることがある。

 

トレードのタイミングを

どうすれば身につけられるのか?ってことだが・・・

 

毎月何百万円も利益を出すトレーダーが

まだ全く利益を出せない頃

あることを一生懸命やっていた、ってことがある。

 

それは何かって言うと

エントリーするタイミングを

必死で練習していたんだよね。

 

「今の私のタイミングでエントリーしたら

 ことごとく押し戻りで損切にかかるから

 もっと早いタイミングとか遅いタイミングに

 変えてみたらどうなるのかな?」

 

ってのをいちいちチェックしながら

過去のトレードを見たりしていたんだよね。

 

この時に、色々な物語を頭の中で

作り出して見ていると修正が難しくなったりする。

 

「ここは、エントリーするのには

 適していないところだから」

 

「こんなところでエントリーしちゃダメ、

 なぜならテクニカル分析では・・・」

 

「もっと、こう、エントリーするのに

 気持ちいい形にならないかなぁ」

 

とか、色々な物語を作り上げて

自分で自分の自由な発想を

止めちゃったりするわけだ。

 

だから、チャート上にはハッキリと

素晴らしいエントリーチャンスが現れているのに

それを見逃したり、見つけられなかったりする。

 

仮に「ここで入ればいいじゃない」と

アドバイスしたとしても

 

「いやぁ、こんなところで入るんですか?

 それは怖いし、私にはできません。

 それにここで入るのはテクニカル的に~~」

 

という反応になってしまって

聞き入れてくれないんだよね。

 

つまり、利益が出せるエントリータイミングを

身につけるには、まずは当たり前だけど

チャートを見て練習する。

 

その時に、思い込みが激しい状態で

チャートを見てしまってないか?

ってことに気をつけながら

やっていくのが大切。

 

この思い込みさえクリアしてしまえば

「なーんで今までこんなカンタンな

 ことにきづかなかったのかな?」

 

ってびっくりするほどカンタンに

トレードするのに良いタイミングが

丸見えになってくる。

トレードじゃなくギャンブルだよね

前回のお話からの続き。

 

あなたは「トレードをしよう」と

思っているんだろうけど

それは本当にトレードになってる?

 

「トレードしています!」と言いながら

実際にはギャンブルになっちゃってない?

 

「あぁー今日も損失〇万円!」

「このトレードは利益になるかな?!ドキドキ」

「今のポジションはどこで利益確定しようかな?」

 

こういうことを考えていたら

これはトレードじゃなくてギャンブルなんだよね。

伸るか反るかのスリルを楽しんでいるだけってこと。

 

それで楽しいからいいや、と感じるなら

それはそれでいいと思うけど

本気で稼ぎたいと思ってるんなら

やり方を見つめなおしたほうがいいよね。

 

トレードは確かに稼げる。

お医者さんとか社長さんとかが稼いでいる

以上に稼げる可能性を秘めている職業だ。

 

だからといって「やれば誰もが稼げる」とは

あなたは思ってないと思うんだけど

 

めちゃくちゃ準備不足なのに

いきなり大金を狙ってトレードしてしまう

場合って結構あるんだよね。

 

例えばこういう人がいたらどう思う?

 

「お医者さんになっていっぱい手術して

 大金を稼ぎます!

 

 手術の練習はめんどうだからやりません。

 

 盲腸くらいならやってみれば

 成功するかもしれないから

 まずは盲腸の患者に手術を行って

 お金を稼ぎます!」

 

ヤバイ、この人絶対ヤバイ!と思うよね?

そんなお医者さんの手術は絶対受けたくないよね?

 

でもトレードはこういうことをやっちゃうわけだ。

トレードの練習はしてないけど、とか

二ヶ月分は過去検証してみたから、とか

そういうレベルで稼ごうとしちゃうんだよね。

 

それって、ヤバイんだよね。

さっきのお医者さんと同じレベルなんだよね。

 

「サインが出るトレード手法を手に入れたから

 この通りにトレードすれば

 私にだって大金を稼げる!ウハウハ!」

 

って、現実を無視して妄想で生きちゃうんだよね。

 

だから、そうじゃないよねっていうことを

しっかり認識しておいて欲しいってこと。

 

プロならプロらしく行動していく

必要があるってこと。

 

「私はプロというよりもお小遣い稼ぎなので~」

とか思っちゃうこともあるかもしれないけど

 

相場からお金を得ようと思っている時点で

「自分はプロのトレーダーになりたいと

思っているんだ」ってしっかり認識しておいて欲しい。

 

そこをクリアできたら次の準備に入る。

 

次の準備は「自分ができる範囲で自分に必要な

できることをやっていく」ってこと。

 

私たちは意外とやらなくていいこととか

やる必要がないことを一日の中で

たくさんやっちゃたりしているよね。

 

その結果、短時間に詰め込み過ぎたり

ムダなことをして大切な時間を過ごしたり

しちゃってるんだ。

 

これをやっちゃうとトレードの練習時間なんか

到底取れなくなって、ギャンブル的なトレードに

つながったりしちゃう。

 

「自分の人生で本当にやらなきゃならない

 必要なことって何だろう?」

って、まず考えてみることが大切なんだ。

 

そうすれば、欲しいことにだけ集中して

突き進めるから、今のあなたの力でも

十分達成できる可能性が高くなる。

 

そこまで考える過程が

トレードにもすごく大切だったりもする。

 

「なるほど。ムダを省いて

 必要なことだけに絞って集中してやる

 ってことですね。

 

 それができたらようやくトレードで

 稼げるようになるってことですね!」

 

いや、その前にまだやって欲しいことが

残ってるんだよね。

 

この状態ではまだトレードは

始められないんだ・・・

 

「えーっ まだできないんですか!?

 じゃぁ、次のステップを早く教えてください!」

 

では、次回の記事で詳しくお伝えしよう。

お楽しみに!

あなたが「トレードで勝ち続けられる方法」をやらない理由

トレードでどうすれば勝ち続けられるか?

 

勝ち続けるまでの流れをカンタンに説明すると

 

ステップ1

「勝ちトレード」と「負けトレード」をピックアップして

勝ちパターン、負けパターンを確認する。

 

ステップ2

「勝ちパターン」に被っていない「負けパターン」を排除していく。

 

ステップ3

「勝ちパターン」と「負けパターン」が被っている

パターンのときだけトレードしていく。

 

ステップ4

1回のトレードで、あるいはトータルで

利益と損失が「勝ち」>「負け」

になるように調整する。

 

ステップ5

勝率を考えて賭ける金額を調整する。

 

相場の流れを分析したり局所の相場の流れを

分析したりしていくのも上のステップをやりながら

同時に学んでいく。

 

「え、たったこれだけですか?

 とてもカンタンなことのように感じますけど・・・」

 

たしかにとてもシンプルでカンタンなことに見える。

実際、やることはとてもカンタンなことだ。

 

なのに、このカンタンなこと(「検証」と呼ぶ)をやるのが

とてもむずかしいと感じる時がある。

 

トレードで勝ち続けるためには検証をやればいいだけなのに

なぜかやらずに遠回りしてしまうわけだ。

 

あなたはやらない理由をたくさん考えて

「検証をやらなくていいように」自分を説得しているからだ。

 

・わかっているけど記録をとらない、取る気にならない

・記録はとるけど見直さない

・記録をとらなくても勝てるだろうと思っている

・トレードさえしていればいつかは勝てるようになると考えている

・やり方がわからないからなんとなくトレードだけ続けている・・・etc.

 

実は、これらの「イイワケ」は氷山の一角に過ぎないのだ。

 

いくら頭でやるべきことが分かっていても

それらを指摘されても

水面下に隠れている大きな氷を何とかしなければ

これらの「イイワケ」をなくすことはできない。

 

どうすれば水面下の大きな氷をなくして

全てのイイワケを言わないで済むようになるのか?

 

次回に続く・・・

 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

ブログランキング卒業!
応援してくださって
ありがとうございました

FX女性投資家
2位獲得!

lanking.jpg



FXデイトレード
3位獲得!

lanking.jpg


 

初心者専用

FX取引の始め方
メルマガに登録する

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ