強欲の塊でした・・・

あなたは、どんなトレーダーに
なりたいだろうか?

 

『数pipsを細かく取っていく
 スキャルピングトレーダー』

 

『一日に数回トレードするデイトレーダー』

 

『数日以上保有するスイングトレーダー』

 

以前の私はこう考えていた。

 

「スキャルピングはできるようになりたい。
 でもデイトレードで稼ぐのも悪くはない。
 たまにはスイングトレードで、目一杯
 利益を出したいなぁ。」

 

強欲の塊だった。

 

「チャートが動く全てを片っ端から
 利益化したい!」と思っていた。

 

価格が少しでも動けばトレードせずには
いられなかった。

 

「おっ ここはスキャルピングで少し取れそう。
 よしっトレードしてみるか! あれ?スグに
 反転して損切になっちゃった。しょうがない
 次のチャンスを狙おう。」

 

「よしよし、5pipsだけ利益にできた。おっまた
 価格が動いたぞ。もう一度チャレンジだ!!!
 あーあ、何回も損切してしまったよ・・・
 トータルマイナスかぁ」

 

「あっ 細かく売買しているうちに、デイトレ
 できそうな動きになってきた!」

 

「あーあ デイトレも損切かなぁ。損切は
 イヤだ。スイングにして損切幅を大きく
 しておこう」

 

ムチャクチャなトレードをしていた。

 

私は本当に欲深かったなぁと思う。

 

『舌切り雀』の大きいつづらを開けてしまった
強欲ばあさんと同じだった。

 

547日くらい強欲の日々が続いてから
ふと思った。

 

「もしかして、欲張り過ぎてるのが
 勝てない原因かな?」

 

それからようやく『チャートを客観的に』
見れるようになった。

 

「ここはスキャルピングでも取れるかも
 しれないけどデイトレードしたいから
 デイトレードのチャンスを待とう」

 

「デイトレードで損切になりそう・・・
 スイングにして損切幅を広げたいけど
 いやいやダメだ。これはデイトレだから
 ここでしっかり損切をしておこう。」

 

トレード自体を冷静に見れるようになると
以前のムチャクチャなトレードをしていた
自分がとても恥ずかしいと感じた。

 

欲望丸だしでチャートを見ている自分。

 

怒り狂いながらトレードしている自分。

 

嘆き悲しみながらトレードしている自分。

 

以前の私は『勝てるようになるための行動』を
自分で放り投げていた。

 

「トレードする時はスタイルを一つだけに
 絞ったほうがいいんだな」

 

まずはたった一つのやり方を確立させる。

 

その方がカンタンだし、身に付ける時間も
短縮することができる。

 

サラリーマン脳のトレーダー

サラリーマンと自営業は異なる。

 

サラリーマン:

会社に行って仕事さえすれば
毎月給料がもらえる。

 

「休んでいてもお金がもらえる」
素晴らしい有給制度もある。

 

売上の度合いで給料が下がることは

あるだろうが「給料がマイナス」は

あまり考えられない。

 

最悪、「給料が貰えない」程度だろう。


自営業:

動けばお金が得られるワケではない。

 

営業で動いても仕事が取れなかったら

「動いた分だけマイナス」

 

「動くとマイナスになるからなぁ」と

怖がって営業しなければ報酬も一切ない。

 

「マイナスになるかもしれない恐怖」と

戦いながら、動いた分以上の報酬を

手に入れなきゃならない。

 

そのうち『効率』を考えるようになる。

 

「小さい仕事をがんばってたくさんやっても
 利益は少ししか残らないな」と気づき始める。

 

「少し動くだけでたくさんの報酬を

 もらうほうがいいな」と考え始める。

 

一度で大きな報酬を得ようとすれば

仕事の数は少なくなるだろう。

 

それが世の常だ。

 

小さな仕事と大きな仕事の数を
自分で調整していくようになる。

 

トレードも自営業と同じような考えに

なることが多い。

 

私がサラリーマン脳だった時

自営業の感覚になじめなかった。

 

目の前の仕事を終わらせるだけで

給料をもらう感覚に慣れ過ぎていたから。

 

サラリーマンだった時は工夫する

必要はなかったし、変に工夫したら

先輩に怒られることさえあった。

 

「毎日仕事をしていなければ給料が

 貰えない環境」だったから仕事を

してない時はいごこちが悪かったほどだ。

 

これらはトレーダーに必要のない感覚。
毎日トレードする義務なんかないからだ。

 

仕事(トレード)ができそうなところ『だけ』を

見つけて、トレードすればいいだけ。

 

サラリーマン脳だった時は

「毎日トレードしなきゃらならない」

強迫観念すら持っていた。


サラリーマン脳はついこう考えてしまう。


・1日○pipsが目標

・週に○pipsが目標
・月に○pipsが目標

 

トレードに安定した成績を

無意識に求めてしまうのだろう。

 

サラリーマン時代に毎月きっちり同じ

給料を得ていたように。

 

とは言っても、目標を設定するのが

悪いわけではない。

 

「一日に20pips取れたらトレード終了。
 トレードが崩れないマイルール。」

 

「月に100~200pips取れたら成功。
 あまり欲張るとトレードが崩れるから

 その月はもうトレードしない」

 

サラリーマン的なルールだが

良いルールだ。

 

自営業的なルールなら

次のようになるだろう。

 

「取れる時はガッツリ1000pipsでも

 2000pipsでも取る」

 

「取れない時は0でいい。

 取れる時に取るから」

 

トレードはこのルールの方がカンタン。

相場の動きに合っているから。

 

が、サラリーマン脳に支配されていると

怖くて実行できないかもしれない。

 

実行できないならこの考えを知って

おくだけでもいい。そうすればトレードが

もっとラクになるだろうから。

 

短い足でちょこちょこ負けるのを治して稼げるようになる方法

短い足でちょこちょこ負けてしまって
待てないという悩みをよく聞く。

 

この悩みを完全に解決する方法は

あるのだろうか?

 

答えは、『ある』

 

その方法をあなたは知りたいだろうか?

 

「はい!あやなさん、チャンスを忍耐強く

 待てるようになる方法が知りたいです!」

 

ではこの悩みを完全に解決できる

『チャンスが来るまで忍耐強く待てる方法』

を公開しよう。

 

しかし、この解決法をここで公開してしまうと

あなたは二度と私のブログに訪問してくれなく

なる可能性が高くなってしまう・・・

 

本当はここで公開したくない貴重な情報だ。

 

が、私は本当にあなたにトレーダーとして

安定した利益を出し続けられるようになって

欲しいと心から願っているから思い切って

公開しようと思う。

 

「一体どんなスゴイやりかたがあるんだろう!?

 とても興味深い。早く教えてー!」

 

とあなたは思っているはずだ。

 

さっそくその方法を公開するわけだが・・・

 

ちょっと探せばどこにでもある情報で

しかもあなたがすでに知っている可能性が

非常に高い。

 

「えー つまんないの!誰も知らない

 秘密の方法を教えて欲しいのに!」

 

そう思うからなかなか悩みを解決する

ことができないわけだ・・・

 

『悩みを解決する方法を既に知っているのに

 それをやらないから解決できない。』

 

忍耐強くチャンスが待てるようになるには

 

・自分のトレードを客観的に細部まで見返す

 

・どういうパターンで同じ間違いをしているか

 徹底的に探る

 

・同じまちがいをしたらまたそのトレードを

 何度も何度も確認する

 

・同じ間違いをしないように「なぜ負けたのか」

 理由を細部まで明確にしておく

 

・成功したパターンはどういうパターンかを

 何度も見返しておく

 

「ふげー!めんどくせー!

 そんなのやってらんないよ!」

 

「もう少しさぁ、ぱぱっと解決できる

 方法を教えて欲しいんだけどなぁ」

 

そう思ってしまう自分の考えが成功を

遠ざけているということに気づかなきゃならない。

 

「うーん、もういいや。もっと優しくカンタンな方法を

 教えてくれそうな別の人を探すからさ」

 

「あやなに聞いてもダメだ・・・

 あーあ 稼げる方法がどこかに落ちてないかなぁ」

 

2つ以上のトレード手法を手に入れた時に気を付けておきたいこと

『このトレード手法はね、凄くいい手法だよ』

 

あなたは、信頼できる友人から最新の

トレード手法を得た。

 

そのトレード手法を検証してみると
確かに利益の上がる素晴らしい

トレード手法だった。

 

「これはいい手法を教わった」


そのトレード手法を手に入れて喜び
日々トレード練習にいそしんだ。

 

何週間かして、今度は別の信頼できる友人から

新たなすばらしいトレード手法を教わった。

 

それは、その友人自身が実際にトレードして
毎日利益を上げている手法だった。

 

「お前だから、この手法を教えてあげるんだ。
 きっと利益が上がるから、やってごらん」


ありがたいことに友人はそうあなたに伝える。


・信頼できる友人から得たトレード手法

 

・信頼できる友人が実際にトレードして

 利益を上げている手法


あなたは、短期間で二つも本物のすばらしい

トレード手法を手に入れた。

 

そこであなたは考えた


「この二つのトレード手法のいいところだけ
 取り入れれば、もっと凄いトレード手法に
 なるのでは?」

 

さて、結果はどうなるだろう。

 

『さらに大きく利益が上げられる』
トレード手法になるだろうか。

 

『全然利益が上げられない』
トレード手法になってしまうだろうか。


それはやってみなければわからない。


しかし、これだけは言える。


もしあなたがまだ勝ち方を知らない未熟なトレーダーなら、

一つの手法にだけ専念したほうが成功する確率は高くなる。

 

「昨日はこのトレード手法の考え方をしたけど
 今日はこっちのトレード手法でやってみようかな」

 

そんなことをやっていると結局どっちつかずで
一貫したトレードをすることができなくなってしまう。

 

手法をミックスしてはいけない。

 

『一つのことを限界まで貫き通す』


成功するために必要な思考だ。

 

トレードのルール違反で背筋がゾッとした話

FX初心者を脱却してしばらくすると

「ルール通りにトレードする」のが

大切だと知るようになった。

 

『ルール通り』

 

たった5つの文字で表現される行動だが

難易度は極級だ。

 

何がそんなにムズカシイのか?

 

・ルール違反だと発見するのがムズカシイ

 

ルール違反を発見するには

『利益=成功』

『損失=失敗』

この思考を変えなきゃならない。

 

『利益=失敗の時もある』

『損失=成功の時もある』

 

頭ではわかっているけどやっぱり

利益になったらうれしいし

損失になったらくやしい。

 

なるべく損失を避けようとするし

なるべく利益になるように行動する。

 

ルール通りにトレードして利益になったのか

ルール違反をして利益になったのか

 

ルール通りにトレードして損失になったのか

ルール違反をして損失になったのか

 

客観的なデータを見て判断しなきゃ

いつまでたっても同じところを

グルグル回り続けることになるから

気をつけなきゃなといつも意識していた。

 

しかも、これに気づかずに同じところを

グルグル回れば回るほどそこから

抜け出すのはより困難になるらしい。

 

これを知った時は本当に背筋がゾッとした。

 

有益な情報=害

FXの勉強をがんばっているのに

なかなかうまくいかない時期があった。

 

当時はなぜうまくいかないのか全く

分からなかったが、実はうまくいかない

明確な理由があったのだ。

 

・1日にメールを10誌以上読んでいた

 

ちょっとネット検索すると有益そうな情報が

たくさん目に飛び込んでくる。

 

「この情報は役立ちそうだ」

「このやり方なら勝てそうだ」

 

うまくいけそうな方法をかたっぱしから

かき集めて、毎日必死に目を通していた。

 

その結果

 

・勝率重視のトレードでないと勝てません

 

・勝率重視は失敗します。1勝9敗でも

 勝てるトレードを目指しましょう

 

真逆の情報を取り入れてしまい

混乱するようになった。

 

さらなる情報探しに没頭する日々・・・

 

一つのことに集中できないから

なにも身に付かない。

 

「FXの知識をたくさん取り入れたゾ!」

 

情報を得ることに満足して終了する毎日。

 

うまくいかなくて当たり前だった。

 

『先生の教材だけを信じて他の

 物には目もくれない』

 

『先生の情報以外は仕入れない』

 

意識することでやっと自分が何を

すればいいのか明確になった。

 

自分が思っていた以上にムダな時間を

過ごしていたことに気づくようになった。

 

『道を一本に絞る』

 

仕事でも遊びでも普段の生活でも

効率よく行動できる便利な法則だ。

 

殺すか殺されるかの世界で生き残れるのかな・・・

他人から言われたことには全て従う。

何かを言われないと行動できない。

 

情けないことに、私はそんなふうに育ってきた。

 

会社員としては都合のよい人間だったが

トレーダーとしてはダメダメ。

 

相場の世界では何をすべきか明確に

指示してくれる人はいない。

 

必死になって自分で探さなければならない。

 

自分がどこに向かって進んでいるのか?

今の状態はどの程度か?

 

常に客観的に観察しなければならない。

 

自由すぎる相場の世界で生き残るには

自らを厳しく律しなければならない。

 

今まで生きてきた世界のやり方は

全く役に立たなかったから途方に暮れた。

 

「厳しい世界に足を踏み入れちゃったな・・・」

心の中でヤバイと思った。

 

「殺すか殺されるかの世界で、私なんかが

 生き残っていけるのかな。」

 

相場の世界で失敗して、ろくな仕事にも就けず

毎日の支払いもできずにブルブル震えながら

死ぬのを待つ人生が待っているかもしれないと

考えたこともあった。

 

それでも毎日意識していたことがあった。

 

「絶対に成功できる!私が成功できなくて

 だれが成功できる!?」

 

根拠ゼロだが、自分を信じなければ

成功を手にすることはできないと

考えていた。

 

小心者で自分を持っていなかった私の

いったいどこからそんな気持ちが出てきたのか

自分でもわからない。

 

しばらく前から『成功法則』に興味を持ち始め

色々と勉強しているわけだが・・・

 

どんな分野でも成功している人は

「根拠のない自信」を持っていることが

多いというのがわかった。

 

まずは自信を持つ。

 

それから今の自分と理想の自分の

ギャップをどれだけ埋められるか。

 

長期的には自信を持ち、短期的には

自分の力に不安を感じて努力する。

 

成功者がよく使う考え方だ。

 

人生を好転させる魔法

私は優柔不断で気の弱い人間だった。

 

「私になんかできるかなぁ」

 

「トレードは難しいし、他の人にも
 成功するのはムリって言われたし
 きっと失敗するよね」

 

この思考のまま生きていたら
私は今でも超ネガティブで
失敗続きだっただろう。

 

他人は応援してくれない。

家族もネガディブ。

 

これを打破したのは自分自身の考えだった。

 

それまでは一生懸命周りを説得したり
理解してもらえるように頑張っていた。

 

でも他人を変えるのは難しかったし
変えられなかった。

 

だからまずは自分を変えてみることから始めた。

 

「言葉づかいから変える」

「口癖を変えれば変われる」

 

そう学んだからだ。

 

「後でやろうっと」という口癖を
「今スグやる」に変えた。

 

そうすると今まで滞っていた
流れが動いている気分になった。

 

なんで今までこんなカンタンに
できることをやらなかったんだろう
とさえ思った。

 

自分が変わると友人や家族の
反応も良い方向に変わり始めた。

 

「後でやろう」⇒「今スグやる」

「わたしにできるかな・・・」⇒「やる!絶対にやってみせる!」

 

とにかく前に進むことだけを意識した。

 

失敗したらなぜ失敗したのか?
次にどうすればうまくいくか?を
必死になって考えた。

 

最初はめんどうで頭が疲れるなぁと
感じたが、どうしても成功したかったから
だまされたと思いながらもやってみた。

 

そうしたら今までぼんやりしていた
人生に光が差し込んできた。

 

全てがうまく回り始めた。

こんな感覚は初めてだった。

 

そして、今の私がいる。

 

利益確定ポイントはどこにすればいいのか

損をするときは1万円

利益になる時は2万円

 

こういう設定にすれば勝てるんじゃ

ないか?って考える。

 

何でこの設定にするかっていうと

バルサラの破産確率というものがあって

損:利益=1:2なら、破産する確率は

0.8%になるらしい。

 

単純に損1万円、利益2万円なら

破産しないトレードができる。

 

計算してみると分かるが、トータルでも

利益を出すトレードになる。

 

バルサラの破産確率は、ナウザー・バルサラ

という数学者が計算したもので「そのトレードを

ずっと続けたら、破産する確率はこのくらいに

なるよ」という目安になる。

 

数値でみると「これ、いけるんじゃね?」って思う。

 

なんだが、実際にトレードしてみると

5連敗、8連敗、時には10連敗する

こともあるわけだ。

 

勝率50%なら連敗が多くなるから

当然といえば当然なわけだが・・・

 

これをたんたんとやり続けられるメンタルが

あればいいが、ふつうの感覚ではまず無理。

 

お金が減り続けるドローダウンという時期を

乗り越えることができない。

 

「このやり方は何か間違ってるんじゃ?」

恐怖と不安を取り払うことができない。

 

エントリーポイント、利益確定ポイント、

損切ポイントを必死になって勉強する

ようになる。

 

勉強するようになると今度はベスト

タイミングを狙おうとするようになる。

 

ベストタイミングを狙おうとすると、

追っかけをしたり、躊躇することが

多発するようになる。

 

50%の確率っていう部分が

すっぽ抜けて、「負けないポイント」を

無意識に探してしまうわけだ。

 

「システマチックなエントリー方法が

 あればなぁ」って安易な考えが

出てくる。

 

矢印で「ここがエントリーですよ」

「ここが決済ですよ」みたいな

方法ならいいのにな

 

っていうような考え方だ。

 

それでもドローダウンから逃れる

方法はない。

 

ドローダウンとは最大連敗のことだ。

 

こういうのを経験してようやく

相場を常に客観的に見れるような

冷静な自分を作らなきゃなんないんだな

ってところに気づく。

 

リスクリワード1:2の設定で過去の

チャート10年分くらい検証すれば、

どんなトレード目指せばいいかは

スグにわかる。

 

勝てるトレーダーの心理を身に付ける

勝てるトレーダーの心理を理解すれば

あなたも同じように利益を上げられる

ようになる。

 

「週間プラスを達成できた!」

「2か月連続月間プラスだ。やった!」

 

「これで、勝ってる人の気持ちが

 わかるようになるはず!」

 

連続で利益を上げられるようになれば

勝ってる人の気持ちがわかるようになると

考えるのは間違っている。

 

正解は

 

勝てる投機家(投資家)のメンタルを

理解しているから連続で利益を上げる

ことが可能になる。

 

週間プラス、月間プラスを達成できても、

勝てるトレーダーのメンタルがわかって

いなければ、破産の二文字は一瞬にして

あなたの口座に飛び込んでくる。

 

× 勝てるようになった → 勝てる人の心理が理解できる

○ 勝てる人の心理が理解できた → 勝てるようになる

 

『トータルで勝つ』=『負けても大丈夫』

この思考を身につけるといい。

 

週間マイナス、月間マイナスでも

『負けても大丈夫』という思考を

身に付ければ、最終的にトータルで

利益を出すことができる。

 

トレード初心者であれば最初の週間

マイナス、月間マイナスは当たり前。

 

マイナスの原因が何であるか?が

わかっていればマイナスでも問題ない。

 

わかっているべきマイナスの原因例

・トレード手法が合っていなかった

・トレンドに逆らったトレードをした

・テクニカル分析力が低かった

・ポジポジ病を発生させてしまった

・資金管理が悪かった などなど。

 

何でマイナスになったのか?ワカラナイ・・・

この状態はただただを待つのみ。

 

例えばブレイクアウト手法を使う時。

 

ブレイクアウト手法というのは高値を

上げたら買い、安値を下げたら売る

というカンタンなトレード手法。

 

ブレイクアウト手法はトレンド相場で

使うことに優位性がある。

 

ブレイクアウト手法をレンジ相場で

使うと負けやすい。

 

レンジ相場とは相場の上限と下限が

決まった範囲で上げ下げを繰り返す

相場のこと。ボックスとも呼ばれる。

 

ブレイクアウト手法で負けが頻発した場合、

「トレンド相場ではないから利益を上げづらい

 んだな」とわかっていればいい。

 

そしたら「トレンド相場になるまで掛け金額を

下げよう」とか、「トレンドが出るまでの辛抱だ」

と考えることができる。

 

あるいは、「トレンドかレンジかの判断力を

高めるために勉強しよう」と考えられる。

 

こういう原因がわかっていないと

「この手法はもう使えないんだぁぁぁっ」

ってパニくる。

 

そしてトレード手法を捨てた次の週から

来た大きなトレンドに乗れずにさらに

大ダメージを受ける。

 

「もう、何をやっても勝てる気がしない!!!」

 

だから、勝てる人の心理をまずは

理解できるようにしておくことが大切だ。

 

ブレイクアウト手法のようなトレンドに

強い手法を使っている場合に必要な

勝てる思考は次の通り。

 

『レンジ相場で負けても大丈夫。

 トレンド相場が来れば最終的に

 トータルで利益になるから』

 

この思考が身についていれば

利益を出すことができる。

 

とはいってもこの独特な思考を身に

付けるのはなかなか難しいものだ。

最近の投稿
カテゴリー
カレンダー
2021年3月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
免責事項

ページの先頭へ