ダウ理論のトレンドで負ける理由

FXでトレード、デイトレする時に

ダウ理論を使ってやればうまくいくだろう

と考えたりするはずだ。

 

『高値切り上がり安値切り上がりの

 上昇トレンドで押し目買い』

 

『安値切り下がり高値切り下がりの

 下降トレンドで戻り売り』

 

っていうのをやるんだが

これを素直に実行しても

なかなか勝てなかったりする。

 

切り下がり、切り上がりなどを

確認した後で入ったのに急反転して

損切となったりしてしまうからだ。

 

これはどういうことかっていうと

ガッツリ利益になるトレンドっていうのは

たまにしか出現しないってこと。

 

短期的に上昇トレンドとか

下降トレンドが出る場合もあるけど

本当の意味での『トレンド』ではない

ってのを知っておく必要がある。

 

本物のトレンドに乗れたときは

ずーっとほったらかしでも

勝手に利益になっていく。

 

デイトレレベルでのトレンドっていうのは

すぐ終わるトレンドなんだなっていう

認識でいたほうがトレードしやすい。

 

で、結局どうすれば乗り遅れずに

短期のトレンドを利益化できるか?っていうと

 

短期のトレンドが発生しやすいのは

どういう状況の後か?ってのを考えてみる

 

エントリーするローソク足の状態や

エントリーする時間足より

大きい時間足の状態とかを見る。

 

ローソク足の状態とか勢いを見ると

短期的なトレンドが出やすい状況があるんだよね。

 

もちろん絶対トレンドが発生するとは限らないけど

確率的にこのくらい発生して

利益がこのくらいは伸びるというときがある。

 

損切がこのくらいで収められるってときにエントリーすれば

最終的にこのくらいは利益になるな

っていうのをまず調べてみるんだよね。

 

そうすれば乗り遅れずにトレンドにうまく

乗ることができる。

 

こう書くとカンタンそうだけど

実際やってみると割りと大変な作業でもある。

デイトレのテクニカル分析力の影響は2割程度

デイトレするとき、テクニカル分析力って

実は2割程度しか影響しないんだよね。

 

デイトレだけじゃなくて長期トレードでも

短期トレードでも同じなんだけど

 

本当に大切なのはその時の精神状態。

 

「今日は会社で上司に怒られて

 あー嫌な気持ち!ムカツク!」

 

「奥さんに稼ぎが少ないって暗に責められた!

 こっちは必死に働いてるんだゾ!」

 

「旦那はなんで全然家事を手伝ってくれないの?!

 私だって働いているんだから!なんか腹立つ!」

 

こんな状態だったら

「うっぷんを晴らしたい!スカッとしたい!」

と、無意識に感じながらチャートを見て

トレードしちゃうことにつながるわけだ。

 

だからしょーもないところで

チャンスでもないところで思わずエントリーしたり

 

損切になるのがいつも以上にイヤに感じて

早すぎる損切とか損きりせずにガマンするとか

そういうことをついやっちゃう

 

この、ついやっちゃうってのがまずい。

ここからトレードがおかしな方向に流れるからだ。

 

「しまった、何かへんなトレードしちゃった!」

と思い始めて

 

「これをなんとか取り返さなければ!」

「今のはノーカウント!本来ならやってないから!」

「早めに挽回しなくちゃ!」

 

とか、おかしな言い訳を自分に言い始めて

焦ってどんどん悪い方向に進む。

 

焦れば焦るほどドツボにはまってさぁ大変!

 

時にはそれまで出ていた利益を全部吹っ飛ばして

さらなるマイナスに膨れるほどの致命的なミスに

つながったりもする。

 

そして落ち込んで頭から布団をかぶって

寝るしかなくなる、でも眠れない・・・

という一晩を過ごすことになるわけだ。

 

それもこれも全ては乱れた精神状態で

トレードをやり始めたのが原因。

 

だからトレードするときに自分が

どういう精神状態なのかをチェックするのが

テクニカル分析よりも大切だったりする。

 

ぜひ今日からはトレード前に自分の精神状態を

しっかりチェックしてみてほしい。

デイトレでツールを使ってもうまくいかない理由

前回の記事の続き。

 

デイトレ、トレードで利益を出すのは

思っているほど難しいことではなくって

ヤルことさえヤっておけば利益は出せる。

 

「今までさんざん検証してきたのにうまくいってない」

という場合でも、それはやり方がズレていただけで

正しいやり方さえ行えば2~3ヶ月でうまくいく。

 

だから、あなたが「自分にも利益が出せるように

なるのかな?」と不安になる必要はないんだよね。

 

「それはツールを使うからその通りにトレード

 すればうまくいくということなんですか?」

 

そうではない。

ツールとか自動売買とか自動サインというのは

誰でも皆同じタイミングで同じトレードができると

思いがちなんだけど

 

実際やってみるとわかると思うけど

ある一定のやり方をそのときの相場に当てはめて

トレードするから

 

相場の状況がいきなり変わったりすると

それに対応できなかったりする。

 

たとえばここからここまでの範囲で

価格が動いているとした時に

 

それに対応したやり方なら

うまく利益を出せるんだけど

 

その範囲を超えてしまうと途端に損が多発して

対応できなければ儲からなかったり損ばかりになる。

 

それを考慮して資金を入れるならかなり小さな

リスクしか取れなくなるから

結局あまり儲からないとなってしまう。

 

ツールを使わずに自分で判断できれば

相場の状況に合わせて戦略を変えられるから

 

ある程度のリスクも取れるようになって

儲かる金額も大きくなる。

 

結局、ツールを使うとしても

自分で相場の状況が判断できないと

ダメだということ。

 

それから、ツールを使ってもカンタンには

稼げない理由はまだあって

 

ツールが上手く通用しなくなったときに

どこまで信用できるか?ということ。

 

ちょっと上手くいかなくなって

それが想定内の範囲だったとしても

 

本当に想定内の範囲なのか?

本当は通用しなくなったんじゃないか?

って疑心暗鬼になって

 

絶えられなくなって停止させるとか

ルール以外の事をやったりするとか

そういうことが起きたりする。

 

相場の状況を判断できなかったら

どういうツールを使えばいいのかもわからないから

手に入れてもしょうがないものを買ってしまったり。

 

「ツールを手に入れてトレードすれば

 うまくいくかもしれない」と考えるのは

物事の一部分だけを見て判断してしまってるって事。

 

「じゃぁ、どうすればその相場の状況を

 うまく判断できるようになれるの?」

 

たとえば、人の顔を見て美人だな、カッコイイなと

見分けることがあると思うんだけど

 

「じゃぁ何でこの人は美人なの?」と聞かれたら

答えるのに戸惑うと思うんだよね。

 

「目がぱっちりしているから」と言っても

目がぱっちりしていても美人に見えない人もいるし

目がぱっちりしていなくても美人に見える人はいる。

 

ある人にとっては美人と感じても

別の人にとってはそうでもないと感じたりもする。

 

それと同じように、相場を見てここがチャンスだ

チャンスじゃない、今はトレードしやすい相場だ

という感覚は自分で実際にやっていく必要がある。

 

それで、自分が「美人かな~」と感じた人が

自分以外の人も「美人だね」と70%が判断して

くれればいいとか

 

自分以外の人の9割が美人だと判断してくれなくても

自分が「カンペキな美人だ」と断言できる人を

見つけられればそれでいいとか

 

そうなったら最終的に自分に利益が残るようになる。

 

そのくらい、もっとラクに考えたほうが

利益が出せるようになるということ。

 

「確かに、ラクに考えたほうが利益が出せるなら

 そっちの方がいいですよね。」

 

「ラクに考えたほうがいいって言うことを

 もう少し詳しく知りたいんですけど?」

 

それについてはまた次回お伝えしよう。

お楽しみに!

 

 

 

プロフィール

profile.jpg


あやな
【裁量デイトレーダー】
プロフィール

ブログランキング実績

ブログランキング卒業!
応援してくださって
ありがとうございました

FX女性投資家
2位獲得!

lanking.jpg



FXデイトレード
3位獲得!

lanking.jpg


 

初心者専用

FX取引の始め方
メルマガに登録する

最強トレード法

利益が出るまではコレ
マエストロFX
基礎から実践的な
トレード技術を学ぶ

利益が出てる時はコレ
ビクトリーメソッド
トップクラスの
トレードスキルで
さらなる高みへ!

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近のコメント
【免責事項】
このサイト・このサイトに関連するメルマガ、レポート、動画などを参考にトレードしても相場はやはり難しいものです。あなたの絶対の利益を保証するものではありませんのでご了承下さい。

免責事項

ページの先頭へ