ポジポジ病を誘発してしまわないために

「どこをトレードして利益を得ようか」

 

 

私はトレードする場合にそう考えることが多い。

しかし、この考えは良くない。

 

この考えこそ『ポジポジ病』を

誘発してしまう考え方だからだ。

 

「思わずトレードしてしまって

損切になってしまった」

こんなトレードが次のトレードに

与える悪影響は大きい。

 

ここでぐっと自分自身をコントロール

することができればよいのだか

それがまだできない場合には、

ここからトレードが崩れたりするものだ。

 

「どこをトレードして利益を得ようか」

こう考えるのではなく

 

「どこをトレードしてはいけないだろうか」

こう考えるのが正解だ。

 

「トレードしてはいけない場所」を把握することで

「トレードしてもよい場所」を

よりはっきりと把握することができるようになる。

 

トレードレベルによっては、

「トレードしてもよい場所」で

手が出ない場合もあるだろう

 

その場合は反省しつつも、しっかり確認し

次に同じようなパターンになった時は

手が出せるように確認すればよい。

 

しかし、「トレードしてはいけない場所」で

思わず手を出してしまった場合には

しっかりと反省し、二度と同じ間違いを

しないように、よりいっそう注意深くなる

必要がある。

 

トレードは本当に面倒なことばかり

やる必要があるし、自由にできる

部分なんて一つもない。

 

自由にやりたいのならば

そもそもトレードなんてやってはいけない。

 

「自由にトレードしたい」

「そしてお金も稼ぎたい」

 

そんな甘い考えで食っていけるような世界ではない。

 

自分自身をきちんとコントロールできる人だけが

トレードで利益を上げ続けられる。

 

相場には、自分自身をコントロールできる人が

世界中から集まっている

 

ポジポジ病を克服するために必要な

トレードの基礎を学ぶにはコレ

⇒最速で専業レベルを目指す特別プロジェクト

 

 

あなたを救う「トレーダー思考」とはこんな思考だ

「あぁ 損切になってしまった

なんて下手なトレーダーなんだ!

もうだめだ、お先真っ暗」

 

私は以前

損切になるたびにこんなことを考えていた。

 

あるいは

「本当にダメなトレーダーだなぁ。あぁ、どうしよう」

そう悩んでいれば利益の出せるトレーダーになれる

そんなことを無意識に思っていたのかもしれない。

 

「ダメだなぁ」

「自分は情けない」

そう考えていた時期は

なかなか利益が出せなかった。

 

色々と勉強するうちに、

「前向き、つまりポジティブに考えたほうが

成功できる可能性が高くなる」

ということがわかってきた。

 

それを知ってから

前向きに考える、ポジティブに考える努力をした。

 

「できない」と思うのはやめよう

「私にはできる。私にできなくて誰ができる」

「やるしかない!」

 

そして、損切に対する意識も一気に変えた。

 

「損切は素晴らしい。資金を守ってくれる」

「しっかり損切できる私は素晴らしいトレーダーだ」

「損切になってもトレードが崩れなければ必ず利益は残る」

 

大丈夫、大丈夫、大丈夫、私はやれる。

そう言い聞かせてきた。

 

そして、「ダメだ 無理だ できない」

こういった言葉を出さないようにしてきた。

 

思わず口にしてしまいそうな時もぐっと我慢した。

 

最初は結構大変だったが

少し頑張ればすぐに身に付けることができた。

 

まぁ、「前向きに、ポジティブに考える」というよりも

「後ろ向きに考えなくなった」という方があっているかもしれない。

あまり前向き過ぎても疲れる時があったからだ。

 

それとともにトレードも安定してきた。

 

自分自身の精神状態が

こんなにもトレードに影響するんだなぁとその時つくづく思った。

 

こんなに素晴らしい効果のあるこの考え方は

やろうと思えばいつでも始めることができる。

 

いつからやればいいかって?

今スグだろ?

 

 

トレードに必要なのは『トレードルール』と『○○』

あなた自身をコントロールするために必要なものがある。

 

トレードするために『トレードルール』がある。

 

そして、トレードルールをきちんと執行するためには

あなた自身をコントロールする必要がある。

 

あなた自身をコントロールするために必要なのが『規律』だ。

 

規律とはこういったもののことだ。

 

・トレードする時間帯を決める

・○回損切になったらその日はトレードしない

・ルール違反で利益を得たらその日はトレードしない

・相場の予想などが書いてある情報を受け取らない

・他人のトレードを見ない

・一日に○回以上トレードしない

・「トレードが崩れた」と感じたら一週間チャートを見ない

・家族と喧嘩したらトレードしない などなど。

 

あなた自身をコントロールするために

具体的な言葉で表しておくと良い。

 

頭の中で思い描いているよりも

紙に書いて目の前に貼っておくほうが効果的だ。

 

たとえば、ポジポジ病を治すための規律だとすれば

『常に、チャートポイントまで待つことができるようになった』

と、すでにできる状態になっている言葉で書くと良い。

 

当然、最初からこれらの規律を守るなんてことはできないだろう。

できないから、やるのだ。

 

何度も何度も何度も何度も

身につくまで規律を意識する必要がある。

 

最初から規律が身についている人なんて、いない。

 

 

トレーダーとして成功したければ

あなたは「トレーダーとして成功したい」と思っているだろう。

 

トレーダーとして成功したいならば

自分自身に厳格になる必要がある。成功と失敗のイメージ画像

 

「こうなったらエントリーしよう」とトレード前に考え

実際にチャートが思い描いた形・ポイントに到達したならば

エントリーしなければならない。

 

思い描いた形・ポイントに到達していないのにエントリーしたり

思い描いた形・ポイントに到達しているのにエントリーしなかったり

 

そんなことをしていてはいけない。

あいまいになってはいけない。

 

 

「こうなったら利益確定・損切しよう」とトレード前に考え

実際にチャートが予定していた形になったり、ポイントに到達したならば

利益確定・損切しなければならない。

 

トレード前に考えたいたことと違う考え

「もう少し利益を粘ってみようかな」

「薄利だけど決済してしまおうかな」

「早いけれど損切してしまおうかな」

「損切をもう少し我慢してみようかな」

 

そんなことをしていてはいけない。

あいまいになってはいけない。

 

 

トレーダーとして成功したいならば、

まずは「自分自身に厳格になる」というクセを身に付ける必要がある。

 

自分自身に厳格になれない状態なのに

最初から『利益を出そう』などと思ってトレードしていると

永遠に「利益の出ないトレード」を繰り返すことになる。

 

こうなると「利益の出ないトレード」のクセがついてしまう。

 

ポジポジ病

飛びつき

早い利食い

遅い損切

 

これらのクセがついてしまうと

治すのに本当に苦労する。

 

私がそうだったからだ。

 

だから、もしあなたがまだ厳格さを身に付けていないのならば

「利益を出そう」というトレードではなく

「利益は考えずにルール通りにトレードしよう」

ということだけを頭に置いてトレードの練習をすると良い。

 

そうすれば、不思議と利益が出るようになる。

 

完璧な目標立てたら、やばいって!

「毎日トレード記録をつけるぞ!!」

「ポジポジ病は絶対にしないようにするぞ!!」

 

年が明けると新しく目標を立てたくなる。

 

「今年は去年の自分を卒業する!」2013年

「今までとは違う自分になるんだ!!!」

 

私はとにかく決意するのが好きだった。

というか、決意しなければ何も始まらないとすら思っていた。

 

昔の自分を振り返ると

「そのやり方じゃ、ダメだって。逆!逆!」

と突っ込みたくなる気分になる。

 

何がダメだったかというと

『今までとはまるっきり違う自分になる目標を立てていた』

ということだ。

 

 

最初に書いたような

 

「毎日トレード記録をつけるぞ!!」

「ポジポジ病は絶対にしないようにするぞ!!」

「今年は去年の自分を卒業する!」

「今までとは違う自分になるんだ!!!」

 

そんな目標を立てていたということだ。

 

つまり

いきなり完璧な行動をとるような

目標を立てていたわけだ。

 

これはマズイ。

少しでも失敗すれば

「もう、この目標やーめた」

ってことになりかねない。

 

さらに、目標が大きすぎて

「あぁ、もうやる気なくしたー」

ってことにもなりかねない。

 

というか、そうなっていた。

 

で、そういう無理な目標を立ててもダメだと感じたんだろう。

そのうち、そんなことをしなくなった。

徐々に諦めの境地に入っていった。

 

そして、

「とりあえず、今日やらないといけないことだけは必ず終わらせよう」

という感じになっていった。

 

たとえ自分の中で決めたことができなくても

「あ、今日はできなかったな。でも、しょうがない。

今の自分はこのくらいのレベルなんだろう。

まぁ、いいや。」

という感じでやっていた。

 

そんな感じで日々過ごして

調子が良ければ

「おー 今日はこんなに頑張れた!

私だってやればできるんだよなぁ。」

と自分で自分を褒めていた。

 

そして

「よし!この調子で明日も頑張るぞー!」

とモチベーションを保っていた。

 

それの繰り返しだったような気がする。

 

大事なのはいかに継続してやるかっていうことなんだなぁ

ということを改めて感じていた。

 

力を抜けば、それだけ継続させやすい。

 

 

今年もよろしくお願いします。

 

新しい年ということでヘビのランキングボタンに変えてみました。

黒ネコちゃんは可愛いので、やっぱりそのまま!

 

トレードが嫌になった時期

トレードやりたくないーっ!って時あるよね?

 

ない?

私はそういう時期が結構あった。

 

チャート見てると、具合悪くなって

だんだんといやぁな気持ちになってくる。

 

「あー ここはエントリーしなきゃいけないんだろう、多分・・・

エントリーしなきゃいけないんだろうな・・・しなきゃいけないんだけど・・・

・・・入れない・・・いやだ。トレードしたくない」

 

そんな気持ちだ。

 

そのあとに思ったとおりにチャートがぐんぐん動くと

 

「あああぁぁっ なんでエントリーしなかったんだろう・・

やっぱりあの時にエントリーすべきだったのに。

あぁ、なんて自分はバカなんだろう。」

 

そうやって自分を責めて

さらにトレードが嫌になる。

 

こんな精神状態になっている時は

トレードで利益を上げることは絶対にできなかった。

 

こんな精神状態の時は

「絶対にトレードで負けたくない!!

はやくお金が欲しい!!」

と、欲望の塊になっていることが多かったからだ。

 

じゃぁ、どんな精神状態であれば

利益を上げられるのかというと

 

トレードで勝ちたいとか、負けたいとかではなく

お金を稼ぎたいという気持ちではなく

 

『トレードルールの通りにチャートを見て

サインの通りにエントリーして

サインの通りにエグジットする

お金や勝ち負けなんかは気にしない』

 

こんな精神状態になっていれば利益を上げられる。

 

『お金は後からついてくる』

『とにかく、ルール通り、ルール通り、ルール通り』

そんな言葉をつぶやきながらトレードの練習をしてたなぁ。

 

 

パチンコとトレードは似ている

あなたはパチンコをしたことがあるだろうか?

 

最近はパチンコも下火のようだが

全盛期はパチンコで稼いで生活していた人も多かった。

 

パチンコとトレードには共通する点があると感じる。

 

パチンコではこんな状況になることがよくある。

 

当たりがこないからと違うパチンコ台に移ったら

それまで自分が打っていた台に知らない人が座って

千円目で当たりを引かれてしまう。

 

これは、トレードでいうところの

『さっきまでチャートを見ていたのに

動かないからとチャートを閉じて、もう一度開いたときに

大きく動いていて「あのまま見ておけば・・・」と

利益が取れそうだったところを発見して落ち込む。』

 

こんな状態に似ているだろう。

 

こんな状態に出会った時に、そのあとどう行動するかで

稼げるか、稼げないかの差が出てくる。

 

パチンコで稼げない人の行動は・・・

・頭に血が上って手あたり次第いろんな台を打ち続ける

・今打ってる台に固執して当たりがくるまで、金を入れ続ける。

・金がなくなったらキャッシングしてでも台を打つ。

 

トレードで稼げない人の行動は・・・

・普段はやらない他の通貨を手あたり次第トレードする。

・とにかくこれ以上もっと動いてほしいと追いかけエントリーする

・いったんエントリーした後は損切せずに頑張る。

 

稼げない人の行動は分野が違っても一緒なんだということがわかる。

 

はたから見れば『なんてバカな行動!』と思っても

やってる本人は気づかない。

 

これは普通だから、しょうがないといえばしょうがないことなんだが。

 

じゃぁこうならないようにしようよ、ということなんだが、

そのためには日ごろから訓練しておく必要がある。

自分自身をコントロールする訓練だ。

 

具体的には、

一度約束したことは絶対に破らないとか

「~しようかなぁ」と思っていることを、普段ならやらないことが多いけど

思い切ってやってみるようにしていくとか

部屋を常に清潔に保てるように日々努力するとか

そんな簡単なことから始められる。

 

 

読者様から頂いたお手紙にこんなことが書いてあった。

『世の中を冷静に見つめ、したたかに生きるという
 日頃の訓練の必要を感じました。』

『ロバートキヨサキ流に言うと「現在の自分の立ち位置がEでも
BやIになったつもりで世の中の動きを捕らえる感じ」ですかね?』

 

まさしく、その通りだなぁと思う。

 

 

モチベーションってどうやって保ったらいいの?

トレードに関する知識を得るのは気持ちイイ

 

脳に新しい情報が入ってくる。

脳はその刺激を受け取る。

 

そしてこう感じるBelieve

「知識を得るのって気持ちイイーッ!」

更なる気持ちよさを求めて、

更なる知識を手に入れようとする。

 

とにかく情報を。

新しい情報を頭に入れなきゃ。

 

そしてこんな風に思ってしまう

「良い情報を取り入れればトレードで勝てるだろう」と。

 

このことは、ある意味正しいが、

度が過ぎれば間違った方向に向かいやすい。

 

 

モチベーションが低下する

 

トレードで利益を上げるのに、

それほど多くの情報は必要ない。

チャートの分析力をある程度身に付ける必要はあるが

それほど難しいことではないはずだ。

 

問題はどうやってそれを行動に移していくかだ。

 

ある素晴らしい教材を手に入れたとする。

あるいは素晴らしいトレード手法を確立させたとする。

最初は大興奮する。

「よし!これでトレードで稼げるぞ!」

 

ワクワクしながら行動に移す。

 

しかし、だんだんとこんな状態になってしまう

 

・頑張っているのになかなか成果があがらない

・このまま続けていてもいいのだろうか?

・もしかすると、無駄な時間を過ごしているだけなんじゃ?

 

そしてモチベーションは下がっていく。

 

「もしかして、ほかにもっといい方法があるんじゃないだろうか?」

不安な気持ちからか、ふとそんな考えが頭をよぎる。

 

そして次の新しい情報を求めてさまよう・・・

 

 

こんな経験はないだろうか?

いや、もしかするとこの問題で悩んでいるかもしれない。

 

どうやってモチベーションを保てばいいのだろうか。

いや、そんなことより

モチベーションを保っている人はどうやっているのだろうか?

 

 

モチベーションを維持するために

 

モチベーションの低下を根本的に解決する方法はコレだ

 

 

とにかく、信じる

 

 

確立させたトレード手法を信じる。

購入した教材を信じる。

自分を信じる。

 

それ以外に方法はない。

 

そのためには「信じられる確固たるもの」を

持っておかなければならない。

 

教材を購入するならば、

購入する前にできる限りの調査をする。

 

トレード手法を自分で確立させるならば

できる限りの検証を行い、

「このトレード手法ならば必ず利益が上がる!」

ということを事前にしっかり確認しておく。

 

そして信念を持って

あなた自身がその通りにトレードできるように

日々トレードし、検証する。

 

「本当に、このやり方でいいのかなぁ」

そう思った瞬間からモチベーションが低下してしまう。

 

あなたは確固たる信念を持って

日々トレード検証に励んでいるだろうか。

 

こちらの記事も参考になります。

潜在意識を変えてモチベーションを保つ!

↑↑クリック!

トレードに才能は必要?トレードの才能って何?選ばれた人しか勝てないの?

トレードは『才能』がないと勝てないのだろうか?

 

そもそも

「トレードの才能」とは一体何を指すのだろう。

 

相場の先の動きが読める?継続は力なり

レートがこの後どう動くかがわかる?

 

それがわかれば「未来が見える人」になってしまうから

「トレードの才能」とはそんなことではないだろう。

 

 

私が思うに、トレードの才能とはこんなことではないだろうか。

 

 

・「チャンスだ」と思った『瞬間』にエントリーできる

・チャンスでない時は『待つ』ことができる。

・損切や利益確定に対する感情の起伏がおだやか

 

 

ところで、これらの私が考える『トレードの才能』は

「誰もが手に入れられるもの」ではない、のだろうか。

努力して身につけることはできないのだろうか。

 

私は身に付けられる可能性は非常に高いと思う。

正しい学習方法で正しく勉強すれば。

 

正しい戦略を勉強して

正しい方向へ向かっていけば

トレードで月に100pips程度の利益を上げることは

それほど難しいことではないと思う。

 

しかし、簡単なことでもないはずだ。

簡単なのであれば、誰でも大金持ちになってしまう。

 

では、何が難しいのだろうか。

 

難しいのはきっと

「地道な作業をどれだけ継続させられるか?」

ということではないだろうか。

 

 

・「チャンスだ」と思った『瞬間』にエントリーできるまで

トレードの練習(検証)をして体に叩き込む

 

・チャンスでない時は待つことができるまで

トレードの練習(検証)をして体に叩き込む

 

・損切や利益確定に対する感情の起伏がおだやかになるまで

トレードの練習(検証)をして体に叩き込む

 

 

地道で面白くない練習(検証)だ。

でも成長するためには、

地道で面白くない練習(検証)をするしかない。

 

とにかく

練習(検証)練習(検証)練習(検証)練習(検証)練習(検証)練習(検証)練習(検証)・・・・

そして実戦!!

 

失敗したらまた

練習(検証)練習(検証)練習(検証)練習(検証)練習(検証)練習(検証)練習(検証)・・・・

そして実戦!!!

 

こうやって繰り返して成長すればいい。

あなたが納得いくまで練習(検証)すれば

最終的にトレードに向いているのか、向いていないのか

その判断もつくはずだ。

 

・・・

 

・・・

 

・・・・

 

・・・・・・

 

だけども、トレードには

「あなたの周りの環境」も大きく影響する部分がある。

 

以前に書いた記事

「トレードを始める前に気を付けておきたいこと」

この内容にあてはまる部分があるならば

その分さらに困難な道になるだろう。

 

心してかかれ!

 

 

トレードで私が悟ったこと

トレーダーには柔軟な思考が必要だと

前回記事であなたにお伝えした。

光が指すイメージ

 

柔軟な思考とは

どのような思考だろうか。

 

それは多面的に

物事を見るということではないだろうか。

 

トレードであれば

損切がきちんと執行できるようになるために

工夫する。

損切を多面的に見る。

 

その方法として

 

・過去のトレードを見直す

 

・「損切さん、資産を守ってくれてありがとう」と言ってみる

 

・「損切」の概念を違う方向から見る

(手数料だと思う、とかギャンブルだと思うとか)

 

サイコロトレードをして損切を限定すれば

 どのような結果になるかを実際に目で確認してみる

 

などなど

 

ありとあらゆることを試す工夫をする。

 

 

利益を伸ばすことができないならば

 

・指値や逆指値を利用して、とにかく長い時間

 保有できる状態を強制的に作る。(外出するとか)

 

・過去のトレードを見直す

 

・コツコツドカーンで大きな損を被るならば

 その逆をしてみればどうなる?と考えてみる

 

などなど。

 

ポジポジ病になってしまう、

しばらくの間は利益が上げ続けられるのに

時々やらかしてしまうなどなど

 

そういった状態をどう工夫していけば改善できるか?

ということを常に考え続ける必要がある。

 

これには人それぞれ状態が違うから

「こうすれば、いいですよ」という

確固たるものはない。

 

ただし、大まかな指針のようなものはあると思う。

それは、このブログにも色々と書いているので

参考にして頂ければいい。

 

で、そういったモロモロのことを

日々精進して

繰り返し繰り返し続けることによって

あなたの身に付いてくる。

 

私はそうやってきた。

 

正直、人生で一番きつかった。

正確にはうんじゅううんねん生きてきた中でだが。

正確な表現ではないけれど。

 

で、トレードで私が一番大切だと悟ったことは

 

あきらめることだった。

 

損切は絶対に逃れられないから

エントリーした時点で「もう、負けたもの」とあきらめる。

 

相場が良い動きをしていなければ

トレードできないとあきらめる

 

もみ合った動きをして

どう見ても誘っているようにしか見えないが

この動きに思わず手を出しても

(利益が)自分のモノにはならないからと

あきらめる(トレードしない)

 

あきらめた時に光が見え始めた。

 

だから、あなたもあきらめることができるように

とにかく色んなことを

実際にやってみる必要がある。

 

早くあきらめられれば

それだけ早く利益があなたのものになる。

ホントウだ。

 

こんな文章を見つけた

 

 

『努力しない生き方』(桜井章一)

恨みを抱かないためには、諦め上手になることだ。

恨みの感情を抱くとたいてい自分を責めるか他人を責める。

諦めがうまい人は自分を責めることもなく他人を責めることもない。

諦めないことで恨みがましくなったり、ひねくれたり、卑しくなったりするなら、

きれいさっぱりと諦めたほうがいいのである。

 

1 3 4 5 6 7 9
最近の投稿
カテゴリー
カレンダー
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近のコメント
メタ情報
アーカイブ

ページの先頭へ